記事

エボラ出血熱とスコットランド住民投票、そして、NHKと近くの蚊

 まず、明日投票が行われるUK(英国)のスコットランドにおける、UKからの独立か否かの住民投票について、
 はっきりと述べておく。

 この住民投票によって物事を決定することが「正しい」とする風潮は、アフリカ西海岸のエボラ出血熱と同様の憂慮すべき「感染症」である。
 後者が人類の健康と生存に対する脅威なら、
 前者は人類の文明と民主主義に関する脅威である。
 よって、地球上に蔓延させてはならない。

 我が国のマスコミには、スコットランドで民主主義の有意義な試みが進行しつつあるように伝える傾向があるが、
「民主主義=住民投票」というロジックに騙されてはならない。
 
 スコットランドの住民投票は、
「民主主義のなかで成長を止めた住民」の行き着く先であり、
その「結果」に対して、誰も責任を取らない「漂流」であり、
大英帝国の終焉の象徴である。
 周辺諸国と我が国は、UKが勝手に自壊するのを見送るだけである。いや、まだ結果が出ているわけではない。
 投票前日である現在、「イギリス人の知性」が、
この衆愚の流れを阻止する可能性がおおいにあるのだから、
「見送る」のではなく「見守る」のが正しい態度だろう。

 そもそも直接投票で重大事が決まるなら、知性は必要ない。
 直接投票が即民意なら、政治家はいらないどころか有害である。
 
 ギリシャのアリストテレスは、つとに、
「民意を優先させた民主制」を僣主政に近い最悪のものと見抜いている。
 「民意を優先させた民主制」とは、
「民意を持ち出して自己を正当化する政治家をもつ政治」である。
 ヒットラーやスターリンも、盛んに民意を持ち出して自己を正当化し独裁体制を盤石なものとした。
 中国共産党は、「都合のいい民意」を造りだす為に、反日教育を徹底している。従って、もし中共で国民投票をすれば、反日が中国人民の民意となるだろう。
 つまり、つまらん独裁者に限って強調するのが民意である。民意を持ち出して自己を正当化するのがつまらん独裁者である。
 小泉純一郎は、郵政を民営化する為に、選挙された国会議員の意思を無視して民意を利用した。
 そして、どうなったか、郵政が民営化されて何かよくなったのか。だれも、それを検証し責任を取らないではないか。
 さらにまた懲りない彼は、本年初めの東京の街頭で「反原発」を叫んでいた。馬鹿馬鹿しいではないか。

 さて、そこで、スコットランドで、明日、独立が多数を占めたときに決まった「民意」とは何か。
 それは、「北海油田の利益をスコットランド国が独占する」と言うことだ。情けないほどの低次元だと思われないか。
 民主主義が長年続けば、これほど民度が低下するのか。
 しかも危険な「民意」だと思われないか。
 
 要するに、スコットランドは、自分たちのことしか考えずに、ただクェートとかブルネイのように、石油の御陰で贅沢をしたいのだ。
 しかし、言っておく。
 このスコットランドの考えは、
クェートの石油を奪うためにクェートに武力侵攻したイラクのフセインと同じである。
 もしスコットランドが北海油田独占を実施すれば、
南のイングランドは、かつて、クェートのイラク軍を排除した多国籍軍と同様に、武力によってスコットランドの北海油田占拠を排除する正当性をもつだろう。

 スコットランドの住民投票は、危険な伝染病と同じである。
 それは、平穏な恵まれた社会の中で、自分たちの生活の快適性しか考えようとしない「住民」に感染してゆく。
 そして、その「感染の果て」は、その快適な生活を支えていた基盤を崩壊させる。

 明日の、投票結果を見守りたい。
 私は、UKの為にも、地域の安定の為にも、独立否定を望む。

 次に、注目して欲しいのはNHKである。
 
 何故、エボラ出血熱とスコットランド住民投票の次に、
 突拍子もなくNHKが出てくるのか。
 それは、嫌悪すべき危険なウイルスを、
 密かに浸透させ感染させているという点で同じだからである。

 私は、朝は六時前に起きて、二時間ほど新聞を読んだりいろいろなことをする。そして、午前八時、時々、NHKの十五分の「朝の連続テレビドラマ」を見る。
 今やっているのは「花子とアン」だ。
 
 そこで、本日確信した。
 NHKは、朝日新聞より悪質な「反日謀略宣伝機関」だ!
 
 NHKは、現在も、実は、GHQの忠良なる下部機関として、
GHQの実施した「War Guilt Infomation」すなわち、「日本は悪い戦争をした悪い国であり、日本国民はその戦争を始めた日本の軍国主義の犠牲者だ」という勝者GHQに有利な宣伝の実施機関である。
 
 朝日新聞は、活字でその宣伝をする。
 しかし、NHKは映像でする。女優の嘆き悲しむ涙を誘う演技でそれをする。よって、NHKは、朝日新聞よりも、より深く反日のウイルスを視聴者である国民の心に浸透させる。
 従って、NHKは、従軍慰安婦虚偽報道を活字で続けた朝日新聞よりも悪質で巧妙な反日宣伝機関である。
 
 本日の「花子とアン」は、息子を戦場で失った花子の友人が、
花子が戦時中にラジオで「兵隊さんがんばってください」とか言ったのを非難し、涙を流して身を振るわせて、「息子を返せ」と詰め寄るシーンを放映していた。
 このシーンによってNHKは、学徒動員で出征して戦死した息子は、アメリカ軍によってではなく、悪い日本によって、悪い日本軍国主義によって殺されたという被害者意識を視聴者に伝えていた。
 これは、いつもながらの、戦争の悲劇を見せ付けるために使われる場面設定であるが、
 実に見事に、占領軍最高司令官司令部(GHQ)の
「War Guilt Infomation」
そのものであった。

 以上の通り、
 エボラ出血熱とスコットランド住民投票、
そして、NHKとその近くのデング熱媒介の蚊にご注意を。

あわせて読みたい

「スコットランド」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  4. 4

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  5. 5

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  6. 6

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  7. 7

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  8. 8

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  9. 9

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  10. 10

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。