記事

「若年層の投票率向上戦略について」中谷一馬の通信簿~実行した提言政策の成果と課題~

"中谷一馬の通信簿"

と題しまして議員になってから実行した提言政策の成果と課題について進捗状況を綴らせて頂きます。

今回は、平成23年12月6日に開催された平成23年度神奈川県議会 第3回定例会 本会議 一般質問で黒岩祐治神奈川県知事との質疑を行った

「若年層の投票率向上戦略について」

進捗状況を報告させて頂きますので何卒よろしくお願い申し上げます。

==↓詳細↓==

【若年層の投票率向上戦略について】

結果⇒◎

【質問要旨】(中谷一馬 神奈川県議会議員)

選挙管理委員会として、若年層の投票率の低下に対応していくためには、若者自身の考えを積極的に取り入れ、全世代が情報収集しやすい適切な手段を構築すべく、ツイッターやフェイスブック等のSNSの活用といった新しい手段を用いて啓発活動を行っていくべきと考えるが、これについて選挙管理委員会としてどのように考えているのか、所見を伺いたい。

【答弁要旨】 (選挙管理委員会 書記長)

 選挙管理委員会では、明るい選挙推進協議会と連携して、大学生が主体的に啓発事業を企画し、実践する、あるいは、選挙事務を体験することで、選挙について理解を深める、「かながわ選挙カレッジ」を平成19年度から実施している。

 また、選挙の都度、効果的な啓発活動を検討しているが、特に投票率が低い若年層への啓発が重要になってくるので、今後、新たなコミュニケーションツールを積極的に活用することについて、選挙管理委員会に諮っていく。

【進捗状況】(当局報告)

 〈平成25年3月時点の回答〉

●平成24年2月に、選挙管理委員会公式ツイッターを開設。

かながわ選挙カレッジの活動や選挙情報などの発信に加え、24年12月の衆議院議員総選挙の際には、投開票の状況をリアルタイムで発信。

(25年3月14日現在 356ツイート 359フォロワー)

〈平成26年2月時点の回答〉

●公式ツイッターを利用して、東海大学学園祭における啓発活動を始めとするかながわ選挙カレッジの活動を発信するとともに、県内選挙情報も継続して発信した。さらに、24年12月の衆議院議員選挙に引き続き25年7月の参議院議員通常選挙においても、投開票の状況をリアルタイムで発信した。

(26年1月31日現在 609ツイート 785フォロワー)

 また、新たに参議院議員通常選挙からインターネットによる選挙活動が解禁されたことに伴い、その内容をツイッターや県HP・チラシ等により周知した。

〈前回の回答以降での新たな動き〉

 公式ツイッターを利用して、未来茅ヶ崎市政策コンテストへの参加を始めとするかながわ選挙カレッジの活動を発信するとともに、県内市町村選挙情報や県議会議員定数等条例改正などの選挙関連情報も継続して発信した。

⇒◎

(26年7月15日現在 727ツイート 868フォロワー)

【※全文】

http://ameblo.jp/kazuma-nakatani/entry-11923747133.html

【関連URL】 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5/p128186.html

※成果指標

◎⇒実現した。 × 1

◯⇒前進した。

△⇒現在検討中

☓⇒実現しなかった

未⇒現在、評価検証中

あわせて読みたい

「ネット選挙運動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  7. 7

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  8. 8

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  9. 9

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  10. 10

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。