記事

いよいよiPS細胞応用へ

 STAP細胞論文の不祥事によって内外の批判に晒されていた理化学研究所、発生・再生総合研究所(CDB)が、久しぶりに明るい話題に包まれた。iPS細胞を使って加齢黄斑変性の患者さんを治療するという、画期的な臨床応用がスタートしたためである。

 プロジェクトリーダーの高橋政代氏が記者会見に臨んだが、神妙な面持ちの中にも、わずかな安堵感を漂わせていた。世界から注目された手術がひとまず成功したことばかりでなく、DBへの信用回復の一助になり得たことへの、率直な気持ちの表れだったに違いない。

 しかし同時に高橋氏はやや表情を固くし、「まだまだ治療と呼ぶには早い」「長い道のりのスタートに過ぎない」と、自らを戒める言葉も付け加えた。確かに、今回の手術の効果が確かめられるまで1年近くかかるし、iPS細胞自身が癌化する恐れも、なお捨て切れないからだ。

 一方マスコミ報道においては、「世界初、再生医療はじまる」などと、やや高揚した文字が踊っている。科学技術分野で低迷を続ける日本にあって、iPS細胞研究は久しぶりのグリーンヒットであり、山中伸弥教授のノーベル賞受賞は、実に誇らしいものであった。しかしここは浮かれるべきでない。

 なぜなら万能細胞と呼ばれるiPSも、再生医療に画期的な変革をもたらすだろうが、病気の全てを治すのは不可能だからだ。患者さんに必要以上の期待を抱かせると、彼らの心を弄ぶことになりかねないからだ。

 またiPSの研究、臨床応用体制はまだまだ貧弱である。先日訪問した京大のiPS細胞研究所(SiRA)では、スタッフのほとんどが期限付き雇用であり、落ち着いて研究に打ち込める環境が整っていない。研究環境の一層の充実が望まれる。

あわせて読みたい

「iPS細胞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  3. 3

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  8. 8

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  9. 9

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  10. 10

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。