記事

欲しい商品を格安で手にできる「Mass Drop」のしかけとは?

画像を見る

自分の欲しい商品をAmazonやeBayのようなECサイトに掲載されているような商品価格よりも割安で買うことができるようなECサイトがあると聞いたら、あなたはどんなサイトを想像するだろうか。

これら大手ECサイトに価格面で勝るのは容易なことではないが、それを実践できているのが、今回ご紹介する「Massdrop」だ。同サイトはコミュニティを活発化させ、サイト内で大勢の商品購入を募ることにより、商品をディスカウントさせることに成功している。

ある商品に対して一定期間内に購入を募り、規定の数に達することで安く販売する共同購入は、日本でもネットプライスなどが行っている。多くの場合はサイト側が仕入れた商品が共同購入の対象となるが、Massdropではユーザーたちが対象となる商品をリクエストできるのが最大の特長だ。

2012年7月に米サンフランシスコにて設立。翌年9月には140万ドル(約1億4000万円)の投資獲得に成功している。サービス開始から2013年の9月までの段階で300件の取引が完了され、今後もさらなる取引の増加が見込まれ注目を集めているスタートアップだ。

掲示板での呼びかけをヒントに創業

画像を見る

(引用元:「Massdrop's Zany Plan To Rally Internet Mobs For Discounts Is Working--For Now」)

Massdrop創業者のSteve El-Hage(写真左。以下、スティーブ)氏は当初、個人から特定の商品のオーダーを受けてはメーカーへ発注するような事業を経営していた。

あるとき一定の人数がいないと購入できない商品があり、同氏は顧客に対して「グループを作って購入してもらえないだろうか」と呼び掛けてみたという。

すると、reddit(海外で有名な英語の掲示板)などで、「大勢だとこの商品を買えるようになるから一緒に購入しよう」と呼び掛けるスレッドが立った。スティーブ氏はこの経緯を見ていて、このコミュニティのやり取りを活用したeコマースサイトをつくってみてはどうかと思い立ち、2012年7月に「Massdrop」を設立する。

「Massdrop」のサービスの主眼は、多くの支持者がいる商品に関して、販売者やメーカーにディスカウントを提案でき、一定数の支持が集まると、ディスカウントが実現できるというものだった。

しかし、創業直後は投票があまり行われず、あまり売買は成立しなかったという。スティーブ氏がユーザーのページ閲覧行動を解析してみたところ、ほとんどのユーザーは他のユーザーが投票を始めない限り、投票には参加しないということが分かった。

そこで、同氏らはコミュニティ機能を強化。コミュニティ上でユーザー同士が情報交換できるようにしたり、自らディスカウントして欲しい商品を提案できる機能を追加するなどして、より投票しやすい環境をつくった。

ユーザー同士が盛んに交流が行えるしくみを取り入れたサイトは当たり、やり取りは活況になっていった。現在ではredditにおいても、Massdropで商品を安く購入しようというスレッドが多く立つなど、ユーザーが率先して、Massdropに人を呼び込んでいる流れも見られるという。

コミュニティをフル活用し、商品の提案からディスカウント参加まで自分たちで行える

Massdropはディスカウントして欲しい商品の提案/投票を行う「VOTE」ページと、商品ディスカウントへの投票/購入を行う「BUY」ページの2つに大別することができる。まずはVOTEのページを見てみよう。

画像を見る

ディスカウントしてほしい商品がサイト内を検索しても見つからなかった場合、ユーザーが自ら提案を行うことができる。その提案を行うのがVOTEページだ。

商品の提案を行うと、他の利用者たちにも情報が共有され、投票が実施される。ここで利用者たちから200以上の支持を得ることができてはじめて、スタッフと販売者とでディスカウントに関する交渉が行われるのだ。

画像を見る

交渉を経てディスカウントが認可された商品は、「BUY」ページに掲載される。商品はあらかじめ値引きされた形で掲載されるのではなく、このページにて再度ユーザーからの投票を募り、その得票によって2段階までのディスカウントが行われる。

なお「BUY」に掲載される商品は、ユーザーが提案した商品以外に、Massdrop担当者がこれはと思ったものや、redditなどの掲示板で評判になっている商品などが掲載されるケースもあるという。

今回の製品「KBC Poker Keyboard II」の場合は、40の得票で159.60ドル(約1万6000円)から124.99ドル(約1万2500円)に、80票で最安値の119.99ドル(約1万2000円)となるようだ。

ユーザーは「join now」のボタンを押すことで、ディスカウント投票への参加の意思を示すと同時に、ディスカウントが決定された際の購入手続きを行う。

商品数やカラーなどの商品情報の確認、氏名や住所、クレジットカードやPayPalの支払い情報を入力することで投票は終了。あとはこの商品が他のユーザーからも得票されるのを待つのみだ。商品がディスカウントされるのに必要な得票を得ていない場合は売買は成立せず、ユーザーに課金されることはない。

画像を見る

投票を行った製品においてディスカウントが決定された場合、ユーザは必ず商品を購入しなければならない。しかし、2段階のディスカウントにおいては、本当は119.99ドルで購入したかったのに、得票が80に満たず124.99ドルで購入しないといけないといったケースも出てくる。

Massdropではそうした事態を防ぐために、同じ投票するにも、あくまで最安値での購入を希望しているのか、1回目のディスカウントに留まった場合でも購入して良いかを選択することができるようになっている。なお、最安値の時のみ購入したい場合は「join now」のボタンの下に用意されている「Commit to join」という項目を選ぶとよい。

この「最安値になってはじめて購入する」という選択肢により、Massdropは商品への投票を盛んにし、売買の成立数をあげることに成功している。

画像を見る

またコミュニティを活用し、ユーザーが商品を購入しやすい流れを作っていることも同サイトの大きな特長だ。

Discussionボタンを押すと商品に関するユーザーの商品へのコメントを見たり書き込んだりすることができ、このページにて商品情報について積極的に意見を交わすことで、ディスカウント投票への参加や、新しい商品の提案といった参加への意欲が生まれてくるのだ。

共同購入のしくみを取り入れたサイトは多くあるが、ユーザーのコメントやユーザー同士の交流によって、商品の情報を自分たちで収集でき、ディスカウントの提案から投票まで全て自主的に行うことができること、利用者たちのニーズ先導で行われていることが、Massdropの価値を大きく高めていると言えるだろう。

サイトを長続きさせる良好な販売者との関係

Massdropのディスカウントのしくみは、どの程度の販売数になるかをあらかじめ見積もることができるため、販売者側にとっても利点は多い。

同サイトの収益モデルはシンプルで、商品が売れるたびに、商品販売者に商品ごとに定められた割合(商品の種類やMassdropがかける手間によって決められている)の料金を課金するという形を採っているという。

また、Massdropでは、Googleの検索ページで商品を調べても同サイトに掲載している商品ページは出てこないよう設計されている。

これは商品の販売者が異なる価格であちこちで製品を販売しているということを一般に知られたくないという事情に配慮してのことのようだ。商品販売者との長期的な関係を築きたいというMassdropの考え方とリンクしている試みであると言えるだろう。

Massdropのビジネスモデルは「大人数を活かした購買力でディスカウントを可能にする」という非常にシンプルなものだが、コミュニティを最大限に活かし、販売者との良好な関係にもよく配慮したECサイトなのだ。

あわせて読みたい

「EC」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。