記事

アリババを『バロンズ』が絶賛 「20%くらいは楽勝で騰がる」

アメリカの投資週刊紙『バロンズ』がアリババ(ティッカーシンボル:BABA)の新規株式公開(IPO)に関して記事を書いています。

それによるとアリババは2015年の一株当たり利益(EPS)に基づき23倍の初値設定になっており、これは中国の他のネット企業や米国のネット株と比べても魅力だそうです。

リンク先を見る

『バロンズ』は「初値が70ドル程度に引き上げられてもおかしくない」としています。また上場後の取引では「80ドルというのも可能なように見える」と主張しています。

若しアリババ株が80ドルで取引された場合、アリババの16%を保有しているヤフー(ティカーシンボル:YHOO)の「アリババ含み価値」はヤフー1株当たり40ドルとなり、現在のヤフーの株価($42.88)とほぼ同じになります。ヤフーはアリババの他にヤフー・ジャパン(=$8の価値)を持っています。またヤフーの本業の価値は$8程度であると考えられています。するとヤフーの妥当価格は$56になるわけです。

あわせて読みたい

「アリババ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。