記事

“産経新聞売り切れ”が示す世論

みなさん、こんばんは。 日本維新の会 衆議院議員 うえにし小百合です。

今日は代議士になって初めての経験をしました。駅の売店やコンビニエンスストア等の『産経新聞』が売り切れて入手困難な状態でした。

選挙の当落予想が掲載されたものや議員のスキャンダル等が報道された週刊誌が永田町周辺の書棚から消えることはよくあることですが、一般紙が完売されるのは大変な珍事です。また同様に朝日新聞も品薄だったようです。

言うまでもなく、朝日新聞が複数回誤報を流したことを認め、社長が会見を開いて、“高慢”とまで言われた朝日新聞が初めて謝罪をしたためで、イデオロギー的に双璧をなす産経新聞がそれを糾弾するかのような記事を書いている為です。

今回の朝日新聞の謝罪は非公表だった東京電力福島原発事故対応を巡る、所謂「吉田調書」を特別ルートで得たことをスクープとして報じた記事がまたもや出鱈目であったことを認めたのが発端ですが、加えて、これも偶然に吉田さんという男性の「日本軍が関与した従軍慰安婦強制連行」の捏造証言を32年も前から何度も何度もまるで史実であるかのように報道し続けた32年も前の記事を先月になって漸く虚偽と認め、 取り消したことも含まれていました。

慰安婦問題の取消時には謝罪の言葉一つなく、それを批判する雑誌の宣伝広告やコラムニストの記事掲載拒否をするなどの横柄さも見られていましたが、国民・読者は実にナーバスになっており、発行部数の大幅な落ち込み現象に耐え切れず、やむなく謝罪をしたというのが本音のようです。

事実に若干修正を加えたストーリーを小説やドラマ上で、フィクションとして目にする機会は多いですが、世界中の誰もが真実を報道するものと信じて疑わないマスコミしかも世界中の比較でも発行部数が上位にランク付けされる程の朝日新聞がフィクションを真実であると報道したのですから開いた口が塞がりません。

特に慰安婦問題は、決して“従軍”していた訳ではなし、強制連行を示す資料がある訳でもないのに、私が生まれるよりも早くから、しかも様々多角的に吉田証言の嘘が露呈しても主張を曲げなかった社是は私は日本人として許すことができません。そうしたフィクションにより多くの元軍関係者が白眼視され、韓国のパク大統領のように誤報に洗脳された為政者が外国に多く誕生し、日本との関係が悪化の一途を 辿っている隣国が多くなってしまった悲劇・悲運は取り返しのつかないところまできてしまいました。本当に朝日新聞の犯した罪は大きいと断ぜざるを得ません。 なお、私は昨日の朝日新聞社長会見の中で、原発事故の方の吉田調書の解釈を間違った経緯説明の中で、ニュースソースを秘匿することを重んじる中で誤った解釈をした云々の発言に非常な違和感を覚えました。

なるほど、報道機関には取材の自由・報道の自由・情報源秘匿権があります。しかし国民はプライバシーの権利もあれば知る権利もあり、表現の自由と個人の権利が“二重の基準”をもって論ぜられるのは周知の通りです。

そのような中で、政府が公表をしていない情報を露呈したニュースソースが判明されるのを防ぐことに躍起になったがために、国民全体が誤報、限りなく捏造記事を真実だと信じて読んでしまった事実を鑑みるとそのようなことをしてまで情報源を隠す使命が本当にあるのかとさえ思えてしまいます。行間に隠れたことまで総合的に読めば、社長会見が「守秘義務違反を冒した者を隠すが為に世界中の読者の信頼を裏切った、それでも情報提供者は大切なのだ。」と語っているように思えてなりません。

若干次元は異なりますが、今後も私は永田町や霞が関のことを覆い隠すことなく、国民の皆様の視線でお伝えしてまいります。

あわせて読みたい

「産経新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  8. 8

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。