記事

216人の県民が静岡県の事業効果を判断、2800人が傾聴

 静岡県は9月6日(土)と7日(日)に、前身の「事業仕分け」から継続で6年連続6度目となる「平成26年度事業レビュー」を実施した。

評価をするための論点を浮き彫りにするにする専門委員(左)と、事業を担当している県職員(右)

評価をするための論点を浮き彫りにするにする専門委員(左)と、事業を担当している県職員(右)

 無作為抽出で選ばれた県民ら216人が「県民評価者」として参加し、政策シンクタンク構想日本から派遣される専門委員らと事業を担当している県職員との議論を聴き、事業の効果などを評価した。

 2日間で114人が傍聴、インターネット視聴件数は2712件だった。

あいさつする川勝平太 静岡県知事(左)と加藤秀樹 構想日本代表

あいさつする川勝平太 静岡県知事(左)と加藤秀樹 構想日本代表

 コーディネーターとして参加した構想日本の伊藤伸総括ディレクターは閉会式で、「認知症対策の議論で共通していたのは県の役割について。現場として動いている市町の情報を収集・整理し実状を把握した上で、地域偏在などの課題をあぶり出して市町に情報提供をすることが県の役割だという意見が多く出たが、現状ではできていなかった。このような県と市町の関係は認知症対策に限らず、他の事業にも共通して言えることではないか。そうした議論をできたことは意義深かった」と語った。

 18事業の効果判定は以下の通りとなった。
 大きな効果がある:0事業
 一定の効果がある:15事業
 あまり効果がない:3事業

当日の資料と会場の模様
事業レビューの評価結果の詳細等はこちら(静岡県ホームページ)
Ustream中継のアーカイブはこちらから
無作為抽出で選ばれた県民らで構成される「県民評価者」

無作為抽出で選ばれた県民らで構成される「県民評価者」

連載記事
静岡県で県民直接参加型の「事業レビュー」を6、7日に開催(2014/9/4)

あわせて読みたい

「事業仕分け」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  7. 7

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  8. 8

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  9. 9

    横浜スタジアム満員実験は無謀か

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。