記事

これからの学校におけるICT教育について 〜熟議カケアイでの取り組みを通じて〜 3

■(3)ICT教育について

−今後、学校におけるICT教育についてのビジョンを具現化していく方法としてはどのようにお考えでしょうか?

モデルを事例として積み重ねていくことですね。百聞は一見にしかずですから。ただ、そのために教員へのサポート体制、教員自身が学び直すためのバックアップは必要です。

教員が情報機器の操作ができるかどうかという話は、二極化していると言えますね。使いこなせている人もいますし、いない人もいる。ただ、世の中で言われているほど、使いこなせないわけではないです。メディアの報道は使いこなせない人をフォーカスしがちですけど、この部分については、私はあまり心配していません。

なぜならソフトがものすごく改良されているわけですね。小2でも使いこなせます。タイピングできなくても50音表からマウス操作で作文が書けるといったソフトも出てきました。教育の情報化について批判を行う人がいますが、弱視の人のための拡大教科書など、カスタマイズ化された電子化は不可欠な部分もあります。利用者はこの批判に対しては怒っていますよ。

また、公立学校の整備、LAN無線の整備などは必要でしょう。この前も公立中学校に行ったんですけど5年前の機器を使っていました。

−最近の例では、Twitterを使って、学校行事を紹介している公立中学校もあり、その取り組みは保護者にも歓迎されているようでした。全体的に学校の取り組みも変わりつつある兆しを感じていますが、どのようにお考えですか?

我々の役割は、子ども達にとって必要な環境を作るということです。その環境の中で発達心理学のプロである現場の先生が、何が子どもたちの学習環境に必要かを選択し、カスタマイズし、インテグレートすれば良いわけです。

小学校の低学年は、紙とネットと両方を使います。なぜなら、電子媒体のインターフェースは、まだ発展途上で、紙と比較すると稚拙なんですよ。まだ、タッチペンは画面操作の際に滑ってしまうことがある。ただ、次々と改良されたものはすぐに出てきますよね。
 
現在、小学校では鉛筆の4B、2Bと鉛筆の柔らかさの違いによっての使い方を教えるほどのきめ細やかな教授を行っていますが、ICTではそこまで追いつかない。まだ、インターフェースが平面でソリッドですよね。やはり認知心理学的にいうと、まだまだ紙に負けているところがある。電子ペーパー、電子ノートの開発・普及のステージまで待たねばならないでしょう。子どもに使わせるには、五感すべてを使っていくことが必要ですし、触覚を働かせることは重要になるんですね。メディアラボとかはそういった研究所では、五感を働かせる情報端末についての研究をしていますね。ですから端末もこれから進化していくでしょうね。
 
例えば辞書引きは、最初は紙の辞書をひいた方が良い。実際に紙の辞書を触って引いた方が、対応関係を感じ、覚えやすいところがあるんですね。辞書を引いている時間は30秒ほどかかる。それが即座にひけるようになるまでは、辞書引きさせた方が良いんですよ。そうすると頭の中に語句の意味が定着します。ただ、書き順に関しては電子端末の方が良い書き順を正しく覚える。紙とネット、良いところをベストミックスすればよいんです。
 
ちょうど、国内メーカーも新しい電子書籍の端末が登場すると発表がありましたね。コストのことを考えなければ学習環境というのは、多様な環境、様々な端末があった方が良い。環境はリッチにしておいてプロである教師が生徒の状況、学びの内容に応じて選択する、まさに教育の世界もクリック&モルタルなんですよ。

次号に続く

(鎌田真樹子 株式会社魔法のiらんど 安心安全インターネット向上推進室 室長)

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  2. 2

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  3. 3

    コロナの恐怖煽り視聴率を稼ぐTV

    PRESIDENT Online

  4. 4

    田原氏 取材者がTVで訴える意義

    たかまつなな

  5. 5

    管楽器が演奏できるマスクが発売

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    反体制派を一斉弾圧 中国の狙い

    ABEMA TIMES

  7. 7

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    日本企業は本社を地方に移転せよ

    川北英隆

  9. 9

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  10. 10

    LEXUS運転? 正恩氏に走り屋の噂

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。