記事

Google、Apple、Facebook、Amazonの買収戦略から見える現在と未来

1/5

巨人IT企業たちの買収履歴からネットビジネスの未来を考える


“〇〇社が△△社を~億円で買収”…それってどんな企業?何を意味するの?

最近、米アマゾン、ゲーム実況配信のトゥイッチを9.7億ドルで買収というニュースがネット上を賑わせていました。ゲーム配信サービスを手に入れたことでついにAmazonがゲーム市場に参入するのかという推測もされています。

海外では企業による買収が盛んに行われていますが、このニュースを見ていてふと「あれ、9.7億ドルでの買収って高いんだっけ?」という疑問がよぎりました。また、最近の企業買収の傾向やIT業界の進もうとしている方向についてあまり分からなかったので、今回はIT企業の代表格であるGoogle、Apple、Facebook、Amazonが過去に買収した企業とその買収額、そしてその傾向について調べ、今後の予想を考えました。


※本記事は、デジタルコンテンツ提供サービス「SmaListブログ」の記事を編集・転載したものです。

    ■目次 -巨人IT企業たちの買収履歴からネットビジネスの未来を考える
    -Google,Apple,Facebook,Amazonの買収履歴。最も高額なのは?
     1. Googleによる買収
     2. Appleによる買収
     3. Facebookによる買収
     4. Amazonによる買収

Google,Apple,Facebook,Amazonの買収履歴。最も高額なのは?

各企業ごとの買収戦略に関する考察は後述するとして、まずはGoogle,Apple,Facebook,Amazonの4社の過去6年間の買収履歴を、公表されている買収額順に一覧化しました。

▼Google,Apple,Facebook,Amazonの買収額ランキング(過去6年間)
(wikipediaCrunchBaseを参考に筆者作成)

基本的には2011~2014年の間で高額な買収が行われています。トップから順に並べてはいますが、その額にはかなりの差があります。

買収額トップは”FacebookのWhatsApp買収”190億ドル この4社の中で買収額の大きさで言えば、世界時価総額ランキング(2014年8月末時点)1位のApple3位のGoogleを差し置いて、WhatsAppを190億ドル(1兆9000億円)で買収したFacebookが頭一つ抜きん出ていますね。

続いて、125億(1兆2500億円)ドルでMotorolaを買収したGoogle
その後は100億ドルを超える買収は行われていません。

それでは、それぞれの企業が近年どのような買収をしているかを詳しく見ていきましょう。

あわせて読みたい

「企業買収」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    生活保護のしおりに誤解招く表現

    藤田孝典

  2. 2

    日本人が言わない「遺伝の影響」

    橘玲

  3. 3

    親日の美人議員 文大統領を批判

    高英起

  4. 4

    韓国主張する北朝鮮船の認知に謎

    和田政宗

  5. 5

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  6. 6

    仏国内で高まるゴーン氏への批判

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    照射問題に沈黙の立民理解できぬ

    城内実

  8. 8

    バンクシー投稿は小池知事の焦り

    やながせ裕文 東京都議会議員

  9. 9

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  10. 10

    元人気女子アナが韓国政府を批判

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。