記事

茂木健一郎氏インタビュー 〜インターネットと子どもたちの未来について〜1

 学校での授業や、ワークショップなどを通じ、学校の先生方、保護者のみなさんにお話をうかがう機会があるごとに、社会におけるインターネットの本質的な“理解”について疑問をもちはじめていました。
 インターネットは我々大人世代にとって生きてきた途中で現れたまったく新しいメディアです。そのため多くの方はインターネットを「便利なもの」として認識しつつも、その利便性や仕組みに適応できないまま、インターネットの良い側面が見えにくくなってしまっている方が多いのではないかと感じていたのです。
 数年前、茂木健一郎先生の著書『フュ―チャリスト宣言』(梅田望夫共著・筑摩書房刊)を読ませていただきました。そのお話は大変わかりやすく、インターネットの本質をとらえた内容だと感じました。
子どもたちへ、教育者の方々へ、保護者の皆さんへインターネットへの理解を深めてほしいと考えていた私に、大きな勇気を与えてくださった一冊です。
 このたび、幸運にも茂木先生にお会いしてお話を聞くことができました。
ご自身の活動も、積極的にインターネットを通して、世界に発信されている茂木先生のお話は、大変広く、深いお話です。ぜひ皆様お読みになってみてください。
--------------------------------------------------------------------------
Profile:
茂木健一郎(もぎけんいちろう)脳科学者。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。2005年、『脳と仮想』で、第四回小林秀雄賞を受賞。2009年、『今、ここからすべての場所へ』で第12回桑原武夫学芸賞を受賞。
--------------------------------------------------------------------------
■(1)情報モラルをもつ意味とは

鎌田:ここ数年、子どもたちとインターネットの関係についてさまざまな議論がなされていますが、茂木先生はどのようにお考えになりますでしょうか。

茂木:たしかに、今、ネットにはさまざまな規制が生まれていますね。その一方でケータイ小説や動画配信などといった新しいカルチャーも出てきています。
子どもとケータイの関わり方を考える前に、僕は第一前提として、インターネットには良いところも悪いところもあると考えています。そして大切なのは「自分がどう向き合うか」ということではないでしょうか。

少し難しい言葉で言えば「情報倫理」、モラルをどのようにもつか。情報倫理というのは、いかにメディアを使うのか、自分についての情報をどう発信するかといったいわゆる情報に対するモラル、考え方です。
たとえばツィッターでのつぶやきやSNSでのコメントひとつにしても、自分がどのようなモラルを持っているかで発言が違ってきます。

僕自身で言えば、僕なりのモラルとして保持しているのは「自分の発言がコミュニティや社会をより良いものに導くかどうか」。インターネットは公共性の高いスペースです。そこでする発言は社会のウェルフェア(福利)に少しでも貢献するものであってほしい。どんな小さな言葉でも、それは世界につながっているわけですから。

しかし、残念ながら、今の日本のインターネット上で飛び交っている情報は、モラルに裏打ちされているとは言えない内容が多い。匿名掲示板にしても、コミュニティサイトにしても、そこで交わされている議論や意見は必ずしも質の高いものではないです。しかし、一人一人が何らかの意識をして発言をしていったらどうでしょう? より大きなインターネットの可能性を感じられませんか?

また、情報倫理をもつということは、自分がいかに情報発信をするかということだけでなく、インターネットの何を良い面としてとらえ、選択的に使っていくかということにもつながります。

ウィキペディアのような新しい百科事典の形式は大変な意味あるものですし、SNSで知らない人同士がコミュニティを作れることも画期的なことです。YouTubeなどでは、今や大学レベルの講義を日本語、英語でも聞くことができる。インターネットは大いなる学びの場でもあるのです。

インターネットは自由度の高いメディアです。だからこそ、何をもって「良い」「悪い」と考えるか。その判断基準こそ、その人とインターネットの関わり方そのものになります。言い換えれば、情報モラルの持ち方によって自分が対峙するインターネットの世界は豊かにも、つまらないものにも、学ぶ場にも、危険な場にもなる。まず、このことを子どもたちに伝えるべきではないかと。

そしてもうひとつ、子どもがインターネットに触れていく段階を発達心理学から見たとき。僕は 「セキュアベース」という考え方が鍵になると思っています。

次号に続く

(鎌田真樹子 株式会社魔法のiらんど 安心安全インターネット向上推進室 室長)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  2. 2

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  3. 3

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  4. 4

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  5. 5

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  6. 6

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  7. 7

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  8. 8

    「『AERA dot.』および毎日新聞の記者の悪質な行為」大規模接種の報道めぐり岸防衛相

    ABEMA TIMES

    05月18日 10:27

  9. 9

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  10. 10

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。