記事

「再生エネルギー特措法案」は退陣表明後急浮上した政権延命のための道具である。

菅首相が6月2日に退陣表明したとき、退陣の条件として「一定のめど」をつけるといったのは「震災復興と原発事故収束のめど」である。そこには「再生エネルギー特措法案」は含まれていない。

「再生エネルギー特措法案」は、その後急浮上した政権延命のための道具である。

この法案は30年来の菅首相の主張であるとのプロパガンダが盛んだが、少なくとも、同法案が4月5日に国会が受理してから、菅首相が全く審議がされない状態を放置してきたのは事実である。しかも法案が審議されていないまま、国会を閉じようとしていたことも事実である。

「再生エネルギー特措法案」は、次の首相に任せればいい。

浜岡原発以外の定期点検明けの再稼働をお願いに回らなければならない菅首相が「脱原発」で衆院解散するとの情報リークが首相周辺からされているようだ。こんな張り子の虎の脅しはメディアも無視してはどうか。

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  3. 3

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  6. 6

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  7. 7

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  10. 10

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。