記事

「再生エネルギー特措法案」は退陣表明後急浮上した政権延命のための道具である。

菅首相が6月2日に退陣表明したとき、退陣の条件として「一定のめど」をつけるといったのは「震災復興と原発事故収束のめど」である。そこには「再生エネルギー特措法案」は含まれていない。

「再生エネルギー特措法案」は、その後急浮上した政権延命のための道具である。

この法案は30年来の菅首相の主張であるとのプロパガンダが盛んだが、少なくとも、同法案が4月5日に国会が受理してから、菅首相が全く審議がされない状態を放置してきたのは事実である。しかも法案が審議されていないまま、国会を閉じようとしていたことも事実である。

「再生エネルギー特措法案」は、次の首相に任せればいい。

浜岡原発以外の定期点検明けの再稼働をお願いに回らなければならない菅首相が「脱原発」で衆院解散するとの情報リークが首相周辺からされているようだ。こんな張り子の虎の脅しはメディアも無視してはどうか。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  5. 5

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  6. 6

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  7. 7

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  8. 8

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  10. 10

    トランプ退場で強行? イラン暗殺

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。