記事

原子力保安委員会の存在意義はどこに? ―御用学者は必要ない―

原子力安全委員会は1978年に原子力の安全体制を充実させるためできた、専門家集団です。現在の、原子力行政は、経済産業省原子力安全・保安院、文部科学省と共に、原子力安全委員会が関わっています。経産省、文科省には、原子力に関わる審議会があり、所謂「専門家」と呼ばれる人たちで構成されています。既に、専門家の集まりがあるにも関わらず、なぜ、もう一つの専門家集団が必要かと言えば、行政から独立した中立的な立場...

記事全文を読む

コメント

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。