記事

そろそろ『情報学の情緒的な私試論β』のPV BEST OR WORSTランキングを公開してダムに沈めるとするか

1/3

そろそろ総括しておくか

 『情報学の情緒的な私試論β』とは筆者( 画像を見るid:bulldra )が2013年7月~12月まで運営していたブログの事である。2014年1月~3月には母屋を借りたままで「普通の日記」を書き続けるていたので明確な区分は難しいが、『長文を書くのに飽きたのでしばらく充電します(フラグ) - 太陽がまぶしかったから』で最終回であった*1

 現在はこの零細ブログをやっているわけだけど、たまにブログ関係の人に会ったりすると、その頃の話になることが多い。 確かに当時は連日はてなのトップページや増田などに登場していて異様な状態であった。それでも書きたい記事・読まれたい記事・読まれる記事は必ずしも一致しないし、自身の具体的な手法やPVなどについては、あまり明示的に書いてこなかった。『hatenablog.com Site Overview』を元にしたランキングが公開されたので、ハウツー記事を書いたりもしたのだけど、そこでも精神論で煙に巻こうとしていた痕跡が伺える。そもそもAlexaは大分偏っているらしいのでアテにならないと思うけど。

 現在は自分のペースで書きたいことしか書いてないし、『当ブログで配布していた「あわせて読みたいウィジット」がSEOスパムになっている可能性があるため差し替えをお願いします - 太陽がまぶしかったから』が解決しない限りは、アクセス数も何もない。そもそもがコップの中の嵐だったのだけど、だからこそ個人的な体験としてのみ大きく残ってしまった感覚もある。当時とは状況が異なるので他の人の参考になるかは分からないけれど、何が読まれ/読まれなかったのかについての事実を明らかにしておきたい。壊れた配電盤をダムに沈めるためにも神秘性を剥ぎ取る必要があるのだ。

 本記事は『情報学の情緒的な私試論β』において書かれた記事において「どれだけ読まれたのか?」のみを指標としてソートした最高または最低のランキングであり、墓標である。

10位(13,305 PV)

 検索が強かった。KindleをMacで読むのは実際に捗るし、この時点でKindleのアンダーラインをウェブブラウザからコピペできる機能について日本語で紹介しているページは少なかった。未だに知らない人も多いと思われるが、非常に便利。電子書籍は有力なテーマのひとつである。

9位 (14,565 PV)

 資格試験攻略法。この手のビッグワードを押さえると試験のたびに多くの検索流入がある。それなりに有効なテクニックが載っているはず。ブログの本来的な存在価値って何かに困って検索してきた人へ自分なりのハウツーを提示して他山の石になる事であろう。

8位 (15,947 PV)

 この記事に限らないのだけど、オピニオン的な記事はBLOGOSの『池田仮名の記事一覧』にも載るので検索流入は期待できない。それでも何かの折に参照されたり、はてな村流行語大賞みたいな話にもノミネートされていた。詳細な調査や時事ネタではない素朴な話なのだけど、キャッチコピーが良かったのであろう。タイトルを26文字以上にするとGoogleで表示されるときに改変されてしまう可能性が高いが、瞬間瞬間のバズを狙うときには有効な時期があった。

7位 (16,168 PV)

 自分自身の体調不良のモデリングを自作自演で作成する記事。当時は図解記事も結構書いていた。少し前に『「本当に文字って必要ですか?」メディア出身の人気ブロガーが語る「今の時代に読ませる」ための全て #ブロフェス2014 | エアロプレイン』が話題になったけれど、はてなにも『コウモリの世界の図解』さんや『それ、僕が図解します。』さんなどがあって、図解で説明して欲しいというニーズは確実にあるのだろう。まだ文章で消耗しているの?

6位 (19,630 PV)

「老害」と呼ばれるコミュニケーション不調について書いたもの。鈍感力は鈍感力で大切なんだけど、フィードバック回路が壊れた状態で「別の権力」を持つとエントリに書いたような状態に陥ってしまうので自戒している。自薦するならこの記事かな。『BLOGOSにデビューしてサードイケダーに、なりませんか。 - 太陽がまぶしかったから』になったのも、この辺りの記事が評価されたものであると推測される。

5位(26,028 PV)

 『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)』について、この頃は良くも悪くも楽観的だった。あまり手を動かさなくても副収入としては十分にもらえるようになっていたし、ライティングや広報の依頼なんかも来ていて、食費を賄うという意味での「ブログ飯」ならできる感じ。結果として意識的に瓦解させていったのだけど、「あちら側」の分岐について思いを馳せる事もあった。

あわせて読みたい

「ブログ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA維持 男を下げた文大統領

    自由人

  2. 2

    OYO急拡大でアパとの競争激化も

    内藤忍

  3. 3

    沢尻逮捕で考える芸能界と麻薬

    文化通信特報版

  4. 4

    GSOMIA維持で米中の対立激化か

    天木直人

  5. 5

    玉木氏 森議員の情報漏えい謝罪

    玉木雄一郎

  6. 6

    安倍首相 GSOMIA破棄凍結で会見

    AbemaTIMES

  7. 7

    ケンタッキー「安い」で劇的回復

    PRESIDENT Online

  8. 8

    不振のいきステに今行くべき理由

    内藤忍

  9. 9

    夜景撮影 一眼レフよりiPhone11?

    かさこ

  10. 10

    Google検索に勝る専門家の価値

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。