記事

Get There:Washington Postがお金に関する新メディアをローンチ

画像を見る

Washington Postが8月下旬、お金に関する新メディア「Get There」をローンチしました。タグラインは「Make your money work for you」(あなたのお金をあなたのために使おう)です。

Get Thereを率いるのは、今年5月に株式情報やビジネスニュースを扱うMarketWatchからWashington Postに移ったJonnelle Marte(ジョネル・マルテ)さん。

私たちはあらゆることをするためにお金を必要とします。テーブルの上の食べ物や頭の上の屋根にも、教育を受けるためにも、活動をサポートするにも大切な人を養うにもお金が必要です。そして定年して働くなってからも、新しく何かを始めるときにもお金は必要なのです。

これがGet Thereという、お金と、お金が生活に与える力についてのストーリーを伝える新たな場所をつくったモチベーションです。

と、ジョネルさんは始めのあいさつで書いています。

画像を見る
@Jonnelle
より

Get Thereはお金に関する報道や分析を行うほか、お金の節約方法や使い方、投資について読者たちが議論ができるプラットフォームでもあるとのこと。

また家を買った、借金を返済した、子どもを大学に行かせることができたといった、一般の人々のお金にまつわるストーリーも伝えていくといいます。読者の目線からお金というテーマについて考えるという点は、Washington Postが先日ローンチした「Storyline」に似ていると言えるでしょうか。

Storyline:政策を”ストーリー”で解説するWashington Postの新メディア

私たちは読者の理解を助けるためにチャートや計算表、クイズなどを使っていきます。しかし何よりもまず、読者たちがお金について何ができるかを伝えていきたいと思います。

 
この数ヶ月の間に「PostEverything」「Storyline」「The Most」と、続々と新たなオンラインメディアを立ち上げているWashington Post。今年7月のユニークユーザー数は、去年に比べて63%もアップしているそうです。海外では新聞のウェブへの移行が本当に進んできているな、とあらためて思ったニュースでした。

(via Washington Post, Capital New York

あわせて読みたい

「ウェブメディア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  7. 7

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  9. 9

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。