記事

事業仕分けが必要なのは国会議員の数

蓮舫氏、事業仕分け第3弾は特別会計
 民主党の枝野幸男幹事長と玄葉光一郎政策調査会長、蓮舫行政刷新担当相は23日、党本部で記者会見し、10月中旬から政府の行政刷新会議の事業仕分けの第3弾を、特別会計を対象に行うことを明らかにした。

 菅直人首相が参院選の公約として、消費税増税を打ち出しており、行政の無駄遣いの削減や財源捻出(ねんしゅつ)にも取り組む姿勢をアピールするねらいがありそうだ。

 蓮舫氏は「特会が既得権益になっている。(制度と)目的が一致しているかどうかも含めて制度の仕分けを行う。18会計51事業のすべてをゼロベースで見直したい」と語った。

 特別会計は、国が公共事業や社会保険などの分野で、特定の事業を実施するため一般会計と区別した会計。平成22年度の総額は約180兆円にのぼる。

 蓮舫氏は平成23年度予算の概算要求で、過去に行った仕分けの指摘が反映されていない事業について、「再仕分け」を実施することも表明した。

産経新聞6月23日18時20分配信

参議院選も公示され、選挙活動も本格化しています。各党が選挙公約を掲げる中、事業仕分け第3弾の目標設定もされています。事業仕分けは、今まで闇の中で行われてきた予算配分決定を、国民に見える形にした、という意味で非常に画期的だと思います。
 
3回目は特別会計がターゲットとなっていますが、もっと優先順位が高い仕分け対象があります。それは国会議員の数です。先日、舛添氏が「国会議員数を半減すべき」といった趣旨の発言をしていますが、果たして半数削減は妥当な数でしょうか。私はそれでも多いと思います。

米国を例にとって見てみましょう。アメリカの上下院合わせた議員数は535です。では日本はというと722です。アメリカの人口は日本の約3倍、国土の広さは約20倍です。この数字から見れば、日本の国会議員数は現在の3分の1以下で十分だ、ということになります。

議員の数を減らすと、民意を十分に拾いにくい、そのため国民無視の政策決定が行われる危険性がある、という意見もあります。しかし、ここで言う民意とは何でしょうか。何処どこに橋をかけて欲しい、道路をつくってほしい、という要望でしょうか。あるいは一部の営利団体に便宜を図るといったものでしょうか。

殆どの国民は汗水たらして働き、国会議員に陳情に行く時間もないのです。ですから、国会議員数が多いから本当に国民の声を聞けるか、といえば大いなる疑問が残ります。また、個々の意見を全て聞きいれるのではなく、必要であるかどうかを選択することも求められます。政治家とは、何が国にとって必要なのかという大所高所に立って、物事を決める人たちなのですから。

日本の国会議員の給与は世界でもトップレベルにあります。約2000万円の議員歳費の他、秘書給与、政党助成金、事務方費用、交通費などを合わせると、国会議員全てにかかる費用は約800〜1000億円と言われています。これが毎年必要であれば、10年で8000億円から1兆円になります。

数が多すぎるもう一つの弊害は、意見がなかなかまとまらないという事です。大勢でやっても少数であっても、答えは法案可決か否決の2通りしかないのですから、「会議は踊る」状態であっては、必要な法案もなかなか成立せず、国民生活に影響が出ることもあります。それなら少数精鋭の方が良いのは一目瞭然です。

ギリシャ経済破たんの原因は、国家公務員天国による国の経営破たんです。日本の国会議員は政治家とは言っても、国家公務員(特別国家公務員)です。日本の経済の将来は決して楽観できるものではありません。日本を第2のギリシャにしないためにも、国会議員数を3分の1に減らすことを、事業仕分けの最優先課題にすべきであり、消費税アップなどより、こちらこそ、切り込むべき案件ではないでしょうか。

トピックス

ランキング

  1. 1

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  2. 2

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  3. 3

    緊急事態宣言 段階的解除で調整

    ロイター

  4. 4

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

  5. 5

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  6. 6

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  9. 9

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  10. 10

    家事両立ムリ? テレワークの弊害

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。