記事

楽天が横浜買収で「DeNAは出会い系だから反対」と歴史的大ブーメランを投擲

何というか、日本球界史に燦然と残る大暴投が出て、まさに震撼であります。

楽天など数球団参入反対でDeNAアウト?
http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/10/21/0004563746.shtml

中日が「パで一球団反対してる」というので、てっきりロッテあたりが空気を読まずに何か言ったのかと思ったら、なんと楽天だったという。

言われてみれば、楽天とDeNAって因縁がEMA方面でもちらほらあったですし、まさかこういう形で燃え上がるとは思ってもおりませんでした。
 
10代の出会い方面に絶大な人気を誇った前略プロフィールは楽天のサービス、楽天ご謹製のアダルトサイト決裁サービス、また結婚紹介サイト大手の中でも格別にアレな状況となっているオーネットも楽天のサービスでありまして、そんな楽天がどの口で「DeNAは出会い系だから横浜買収に反対」というのかと思うとワクワクが止まりません。

もちろん、楽天は「自分のことを考えろ」「お前が言うな」と主張したいのではなく、「もっとやれ」「ガンガン主張しろ」「むしろ弾幕が薄い」と言いたいわけです。面白すぎます。

楽天安心支払いサービス アダルト
http://checkout.rakuten.co.jp/dc/adult/
前略プロフィール 約款
http://pr.cgiboy.com/info/kiyaku_p/
オーネット
http://onet.rakuten.co.jp/

DeNAの側も、少なくとも出会い系として充分すぎる機能を有するサービスを提供して、それが当たって現在の高収益であることを考えると、「おう。出会い系で何が悪い」と開き直るぐらいの画期的な抗弁をして、世知辛い世情に淡い花を添えて欲しいと思います。

「警察OBが天下りましたが、何か?」みたいな公序良俗とは何であるかを真っ向から問い直すぐらいの力強さがあってこそ、横浜ベイスターズを掌中にできる状態であり、やはり神の勇者のみが石に刺さった聖剣エクスカリバーを引き抜けるのと同義なんですね。

記事中では、なぜかオリックスも反対しているようですが、宮内さんの絡みでしょうか。良く分かりませんが、オリックスと言えばラブホテルファンドというイメージもまたございまして、繰り返しになりますが「みんな、もっと血圧上げて戦え!」と熱い声援を送りたくなります。やはり、野球はこうでなければなりません。

また、メディア系企業が多いセリーグでは、DeNAの広告宣伝費の現段階での多額っぷりを考えるに、これといって反対の声が上がらないのもまた微笑ましいところであります。

DeNAにおかれましては、名指しで出会い系と批判されたからには全力で刺し返しへ邁進していただいて、楽天オリックスともども疲弊して共倒れして欲しいと切に願うところであります。もちろん、可能であればロッテや中日やmixiあたりも巻き込まれてストーブリーグの業火へ投げ込まれていただきたいです。

思えば、プロ野球も長い時間を経てオーナーもシステムも代替わりになる時期ですから、プロ野球的な面白オーナーが世の中を引っ掻き回す体制を築くにあたって、やはり日本のプロ野球にとって楽天は欠かせないキャラクターになりつつあるなあと感慨深いですね。

もうどうせですから、メジャーみたいに東西2リーグ制にして、愛媛と新潟に新球団新設とか画期的な野球拡大策を演出して欲しいと思います。関係者諸氏には是非奮励して、この問題を大いに盛り上げていって欲しいと思います。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  8. 8

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  9. 9

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  10. 10

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。