記事

内田樹の「憲法の『空語』を充たすために」を読む

 緊急出版的と思われる内田樹(たつる)のブックレット「憲法の『空語』を充たすために」(かもがわ出版・900円+税)を読みました。先日の老人党護憲+の例会で紹介されたものです。「空語(くうご)を充たす」とは、憲法は、そもそも実現していない根本原則を定めたものだから、その内実を充たすのは国民の努力によるという意味です。

 第1章では、日本国憲法は「押し付けられたから弱い」のではないと論じています。明治憲法が制定されたときも、制定した主体はごく一部の人たちだけでした。日本国憲法の不戦平和の原則も、70年近くも守られたことによって空語でなくなってきたのです。何が大切なのかを国民が自覚することによって、この憲法も国民を守ってくれる可能性は残っています。

 第2章では、現在の憲法の危機を説き明かしています。安倍政権は選挙に勝ったことによる行政の優位を徹底的に拡大して、国会さえも単なる諮問機関に格下げしてしまいました。もちろん憲法に反する違法行為ですが、憲法の解釈をも独占しようとしており、これを内田氏は「法治から人治へ」と表現しています。つまりは個人による独裁と同じことです。

 それでも一定の支持率を維持しているのは、国全体が「株式会社化」してきているからではないかという指摘は、鋭いと思いました。利益第一、効率優先の企業の論理に国民の大部分も染まっているので、「ねじれ国会」は非能率で悪いと思い込まされ、「決められる政治」が良いものだとイメージしたのかもしれません。しかし会社の運営は利益が上がりさえすればいいので、かつ、経営者の責任は商法の定める「有限責任」です。無限責任である国家の運営とは、本質的に違うのです。

 第3章では、世界史的な視野で憲法の危機を論じています。経済のグローバル化のためには、国民国家は邪魔な時代になりつつあります。すでに世界企業はやすやすと国境を超えて活動しています。本社の所在地がどこであるかは、問題でなくなってきました。しかし世界企業が繁栄しても、世界が良くはなりません。環境、人権、福祉などのコストを、企業は負担しないからです。

 アメリカ主導のグローバル経済化が安易に世界を制覇するとは思えない、対抗する勢力の最大のものは16億人の「イスラム共同体」であろうと内田氏は見ています。何らかの「共生」の仕組みなしには、人類の存続は不可能なのです。そこで当面の課題として、内田氏は次のように結語しています。
 「僕たちにとりあえずできることは、彼らの破壊の手から『それだけは手を触れさせてはならないもの』を守り抜くことです。そのために全力を尽くすこと、それが僕たちの当面の任務であろうと思います。」
さらに私からもう一言。「憲法はまだ死んでいない。政権が交代すれば生き返らせることができる。」

あわせて読みたい

「日本国憲法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  8. 8

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  9. 9

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

  10. 10

    K‐POPはなぜ世界に進出できた? 現地のクリエイターに聞いた、ファンを熱狂させる“仕掛け”とは 著者は語る『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜〈Erinam〉 著) - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    06月13日 11:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。