記事

「テレビやゲームの時間をリプレイスしていきたい」 BuzzNewsやCuRAZYなど注目の「バイラルメディア運営者」が明かしたサバイバル戦略

1/3

「バイラルメディア祭り2014夏」レポート

インパクトのある動画や画像を紹介する記事を配信し、Facebookなどのソーシャルメディアで広く拡散させることを狙う「バイラルメディア」が大きな注目を集めている。「自分でコンテンツは作らず、他人のフンドシで儲けようとしている」と批判されることもあるバイラルメディアだが、その影響力が急速に高まっているのは確かだろう。

そんななか、真夏の8月中旬、東京・渋谷で「バイラルメディア祭り2014夏 2015年のメディアの形を考える」と題したイベントが開かれた(主催:サイバーエージェント)。そこには、いま勢いのある国内バイラルメディアの代表が顔をそろえた。CuRAZYの伊藤新之介氏(株式会社LAUGH TECH)、ViRATESの孫良氏(株式会社まさか)、grapeの吉盛央(よしもり・ひろし)氏(株式会社レディア)、そして、BuzzNewsの高木健作氏(WebtechAsia PTE.LTD)の4人だ。競争が激化するバイラルメディア業界で、どう生き残っていくのか。そのサバイバル戦略が明かされた。(取材・構成:亀松太郎、高橋洸佑)

バイラルメディアの運営者たち。左からBuzzNewsの高木健作、grapeの吉盛央、CuRAZYの伊藤新之介、ViRATESの孫良の各氏。
バイラルメディアの運営者たち。左からBuzzNewsの高木健作、grapeの吉盛央、CuRAZYの伊藤新之介、ViRATESの孫良の各氏。 写真一覧

バイラルメディアも「オリジナルコンテンツ」を作る?

イベントでは、それぞれのメディアの説明に続き、注目のバイラルメディアを運営する4人によるパネルディスカッションがおこなわれた。司会が質問をふり、それに各人が答えるという方式で進められたが、最初の質問は「独自コンテンツ」を作るつもりはあるのか、というものだった。

いまネットでは、バイラルメディアの「パクり」が大きな問題となっているが、この分野で先行するアメリカでは、差別化のために「独自コンテンツ」を作る動きがあるのだという。BuzzFeedがその代表例とされるが、日本ではどうなのか。

―バイラルメディアでも独自コンテンツを作っていくという話があったが、画像や動画中心のコンテンツだとそれ自体パクられる可能性もある。そんななかでも、独自コンテンツを作っていこうと考えているのか。

CuRAZY・伊藤新之介氏。
CuRAZY・伊藤新之介氏。写真拡大
CuRAZY・伊藤:「独自コンテンツを作るとしたら、完全にブランディングとして。どうしても費用がかさむので、ブランディングのためと考えています」

―それはパクられても、ネタ元になっていればよいということか。

CuRAZY・伊藤:「文句は言えないですよね(笑)」

―逆に「オリジナルコンテンツを作らない」という方針のメディアはあるか。

BuzzNews・高木:「うちはたぶん、独自では作らない。ただ、コンテンツメーカーと提携していこうとは考えています。というのは、実際にバイラルメディアを運営していて、バズるコンテンツとバズらないコンテンツはすごく微妙な差だな、と。その微妙な差をゼロイチで作るというのは、ものすごく難しいことだなと感じています。たぶん今のインターネットだと、それを作るコストが見合わないだろうと思います。

アメリカだったら、そのコストに見合うだけの市場規模がありますが、日本だと結構厳しいと感じています。であれば、テレビや漫画などのコンテンツを持っているメーカーさんと組んでやろうというのが、うちの考えですね」

grape・吉盛央氏。
grape・吉盛央氏。写真拡大
grape・吉盛:「うちは、いまバイラルメディアの主流になっている面白い画像のまとめや感動する動画の紹介をやりながらも、コストが安いものは自分で作る可能性が高いと思っています。
なぜなら、いまYouTubeから動画を拾ってバイラルメディアをやっていて思うんですが、最終的に一番トラフィックを集めるのは、YouTubeなんですよ。どこでバズっても。

簡単にパクられるので、いろんなところが同じネタを取り上げます。バズる要素が高いネタや動画は、どこのメディアで取り上げてもそれなりに伸びるんですよ。しかし、長いスパンで見ると、バイラルメディアがトラフィックを集めるのは本当に一瞬です。一週間も持ちません。半年とか一年というスパンで見ると、最終的には、YouTubeが一番トラフィックを集めていると思いますね。

なので、オリジナルコンテンツもきちんと作っていく。自前で作ったり、ユーザーさんに作っていただいたものを独自の形で投稿していただいたり。そういった路線を含めて、ネタ元になるという点も重視しています。ただ、おっしゃられたように、単に一発バズらせるためのネタを作るというのでは、コストが全然あわないとは言えます」

ViRATES・孫:「ViRATESの場合、もともと一番やりたいことは、ああいうクソサイトを作ることじゃないんです。
大勢の人に見ていただいて、そこの中で少しでもいいから意義のあるものを伝えたい。たとえば『浮いて待て』を映像にしたものを作って、誰かに見てもらえば、それで命が救われるかもしれない。非常にくだらないものを作りながら、そういう独自コンテンツもやっていきたいという感じですね」

あわせて読みたい

「バイラルメディア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  2. 2

    韓国の親日美人議員を北が罵倒

    高英起

  3. 3

    安倍首相による平和賞推薦に疑問

    舛添要一

  4. 4

    統計不正は森友と同じ忖度行政

    岸本周平

  5. 5

    辺野古の賛否問う県民投票に疑問

    MAG2 NEWS

  6. 6

    日本=悪者 韓国のフェイク教育

    NEWSポストセブン

  7. 7

    林修 ブレイク6年目も消えない訳

    文春オンライン

  8. 8

    「ダメ、ゼッタイ。」が生む偏見

    WEDGE Infinity

  9. 9

    コメ生産で日本の技術求める中国

    WEDGE Infinity

  10. 10

    医師と患者で差「完治」の解釈

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。