記事

土砂災害防止法の改正案、まにあえば第187回秋の臨時国会に提出へ 太田昭宏・国土交通大臣

画像を見る

(このエントリーの初投稿日時は、2014年8月30日午前9時半で、その後、29日午後11時59分にバックデートの予定)

[写真]太田昭宏・国土交通大臣、首相官邸ウェブサイトから。

 太田昭宏国土交通大臣はきのう2014年8月29日(金)の閣議後会見で、「土砂災害防止法(土砂災害警戒区域などにおける土砂災害防止対策の推進に関する法律)」(平成12年5月8日法律57号)の改正案の作成を指示したことを明言しました。

 太田大臣は「国民が土砂災害に不安を持っているので、秋の臨時国会を目標に進んでいきたい」と語りました。きょう付けの公明新聞などが報じています。第187回秋の臨時国会(9月末前後に召集か)に提出する見通し。

 はじめて土砂災害防止法を読んでみましたが、国土交通大臣が基本方針をつくり、都道府県知事が特別警戒区域、警戒区域を「指定することができ」、それに先立つ基礎調査を行う法律です。これは古屋圭司衆議院議員が自民党プロジェクトチームを率いたそうですが、省が基本方針をつくって、首長に丸投げして、おそらく民間業者に委託することをねらって調査をするというのは、自民党・新進党二大政党崩壊後の、2000年以降の自民党議員立法にありがちなたてつけ。例えば、甘利明衆議院議員が筆頭発議者のエネルギー基本法を、長期的な視点でのエネルギーのベストミックスを講じる「エネルギー基本計画」の策定を、事実上資源エネルギー庁に丸投げしてしまうたてつけです。こういったところは、政治家の発想そのものの少しずつ時間をかけながらの転換と、政権交代ある二大政党政治で、憲法29条財産権但書公共の福祉も、総選挙で信任を受けて国民がつくった政府が法案を出しやすい世論となられば、変わっていくだろうと考えます。

 土砂災害防止法に戻りますが、今回の法改正の検討では、国土交通省は、基礎調査の結果の公表を義務付けたり、都道府県から国に移管したりする改正が可能かどうか、突貫工事で作業するようで、第187回国会に出せるかどうかは微妙。

 なお、きのう公明党の山口那津男代表が自民党総裁の安倍首相と官邸で会い、太田大臣の国土交通大臣留任をのぞんだものとみられ、来週9月3日(水)の第2次安倍第1次改造内閣での太田さんの国土交通大臣再任は確実。

 ねじれ解消後の1年間(黄金の3年間1年目)、衆参国土交通委員会は、たくさんの法案(4省庁合併プラス気象庁、海上保安庁の実質的な6省庁)をていねいに審査し、成立させています。閣法の積み残しは一つもありません。ただ、12月に衆議院の任期が折り返すので、二大政党の秋の定期人事異動で様相がかわり、二大政党のマニフェストの論点が内包された委員会なので、対決色が強まる可能性はあります。

 先週8月20日発災の平成26年8月豪雨、広島市安佐南区・安佐北区の土石流・土砂すべりで72名の死者が出たことにともなう措置。現在も、朝日新聞配達員がバイクとスニーカーを残したまた、JR可部線付近から姿を消して、行方が分からない状態で、一刻も早く見つかってほしいです。 新聞配達員ということならば、ライフライン関連の仕事ということで補償するということも検討してもいいのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「広島土砂災害」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言できない理由を考察

    長谷川一

  2. 2

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  3. 3

    マスク配布への攻撃はお門違い

    青山まさゆき

  4. 4

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  5. 5

    朝日の布マスク報道に感じる悪意

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  7. 7

    現金給付を避ける麻生大臣に苦言

    藤田孝典

  8. 8

    よしのり氏 なぜコロナを恐がる?

    小林よしのり

  9. 9

    志村さん 最後の収録と夜遊び姿

    NEWSポストセブン

  10. 10

    いま森友? 立民議員の質問に憤り

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。