記事

長島昭久NC防災相と大畠元国交相が野党でぶっちゃけ「ああいうところに宅地造成して良かったのか」検証へ

画像を見る

[画像]平成26年8月豪雨の犠牲者に黙祷する坂本剛二・衆議院災害対策特別委員長ら、2014年8月28日、衆議院インターネット審議中継からスクリーンショット。

 2014年8月20日(水)未明の広島市安佐南区・安佐北区の土石流の死者・行方不明者は82名ほどになりそうですが、衆参の災害対策特別委員会の閉会中審査が開かれました。通例は、5分ほどの委員会を開いて、委員派遣の国政調査を議長に要求。これを受けて、憲法にもとづく国政調査として各会派の委員が現地を視察しますが、時間の関係や、被災地域が狭く重機すらやっと入れた状態にあることなどから、委員派遣のない状態で委員会が開かれました。このため、二大政党および組織政党と、それ以外の諸野党間でかなり情報格差がありました。

【2014年8月28日(木)衆議院災害対策特別委員会 第186回国会の閉会中審査】

 民主党の長島昭久ネクスト防災担当大臣が、先週22日の民主党調査団(団長=大畠章宏幹事長・元国土交通大臣)の知見をふまえて質問。

 「私たちは迷惑にならないように視察した」と野党らしさを見せました。そのうえで、安倍首相の初動について質問。これについて、どういうわけか、首相官邸から加藤勝信・内閣官房副長官が登場。加藤さんも総理同様に官邸にいないで、山梨県内にいたのですが、官邸の初動について答弁しました。

 長島さんは「官邸側の担当者と総理側の担当者で連絡し合って、総理指示をつくった。総理指示には、関係各省庁が連携しと書いてあるから、官僚は動き出す。しかし、それを国民に知らせるには、マスコミに発表するピンナップという作業が必要だ。それが2時間ほど遅れたのではないか」と首相補佐官の経験を踏まえて質問。これに政府参考人は「事務に忙殺していて遅れてしまった」とおどろくほどあっさりと答弁。長島さんが「反省を求める」と語ると、加藤副長官が「改善します」と応じました。

 長島さんは「異常気象という言い方をするが、もう異常と言っていられない前提で対応すべきだ」「避難計画をつくるのは大事だが、政令指定都市の広島市でさえ不十分だったのだから、基礎自治体の中には力量不足のところが多い」と与党時代には考えられないぶっちゃけぶり。

[画像をブログで見る]
[画像]初めて与党になり、防衛政務官になった直後にワシントン国防総省を訪れた後、「この話は一切外に出さないことになっている」と緊張して答える長島昭久さん、2009年11月放送のテレビ朝日ニュースから=2009年11月16日付エントリーから。

画像を見る
[画像]野党としてぶっちゃける、長島昭久さん、2014年8月28日、衆議院インターネット審議中継からスクリーンショット。

 さらに長島さんは「現地に行って見て、本当にこんなところに宅地造成して良かったのかとまで、正直言って感じました」とぶっちゃけました。

 ◇

 いったん、場所を民主党本部に移します。

 これには、審議後の夕刻に民主党本部で開かれた定例幹事長会見で、大畠章宏元国土交通大臣も「(谷側だけでなく)沢の方に向かって宅地開発をしたのは良かったのか。昭和40年代から高度成長の中で宅地が広がっていったようだが、検証が必要だ。総見直しをすべきだ」と踏み込み、自民党政権時代の広島市内の宅地開発の経緯を調べる考えを示しました。

 大畠さんは「(国土交通大臣時代に発災した)3・11以降、津波に見舞われそうなところはハザードマップをつくってもらった。私は広島の現地で、山津波という言葉を思い出した。ハザードマップで地価が下がるという懸念もあるかもしれないが、経済と人命ならば人命を優先すべきだ」として、全国のハザードマップづくりの推進に意欲を示しました。

 ◇

 場所はふたたび委員室に戻り、時計は、朝8時30分。衆・災害特の審議スタートまで巻き戻します。質疑者トップバッターは被災地・広島3区選出の河井克行さんでした。

画像を見る

 河井さんは「衆議院」の腕章をして防災服姿で登場しました。

 「15年前に土砂災害防止法案の自民党のプロジェクトチームの事務局長をつとめたが、他の県では特別警戒区域、警戒区域の指定が進んでいるのに、広島だけ進んでいなかったのは、県の無策だ」として、広島県庁をなじりました。当時座長だった古屋圭司・防災相は「河井先生はあのころ1期生だった。おっしゃる通り、たしかに濃淡がある」として、広島県庁の無策だとする河井説に賛同しました。河井さんはおとといの総理視察時に同乗したヘリコプターから自分が撮った写真をパネルで見せるなどして質問を進めました。なお、報道で、古屋防災相が土砂災害防止法の改正に前向きな答弁をしたとありますが、私の感覚としては、むしろ秋の臨時国会への提出ではなく、運用の改善をしたい、と言っていたように感じました。いかんせん、自民党は与党なので、ハッキリ物を言わないのでよく分かりません。

【2014年8月28日(木)参議院災害対策特別委員会 第186通常国会の閉会中審査】

画像を見る
[画像]黙祷をする竹谷とし子委員長(中央)や牧山弘恵(牧山ひろえ)野党側筆頭理事ら、2014年8月28日、参議院インターネット審議中継からスクリーンショット。

 安佐北区在住の民主党の森本真治さんが質問。

 画像を見る
[画像]森本真治さん、2014年8月28日、参議院インターネット審議中継からスクリーンショット。

 気象庁長官に対して、大土石流発災の前夜に一度洪水警報を解除した経緯について質問。森本さんは「今の気象状況への対応が必要だ」として、きめ細かな気象情報の提供を呼びかけました。

 吉川沙織さんは、全国比例ですが、出身県である徳島県の豪雨について質問。長安口ダムの運用について国交省に、平成の大合併をした自治体とそうでない自治体の間に、県内で補助率に違いがでる問題点について総務省に質問しました。

 平成26年8月豪雨をめぐる激甚災害指定について、古屋圭司防災相は「台風12号、11号の前線による一連のん災害に幅広くかつ迅速に結論を出せるよう調査を急がせている」として、広島市以外の自治体も指定される可能性を示しました。

あわせて読みたい

「広島土砂災害」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  3. 3

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  5. 5

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  6. 6

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  7. 7

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  8. 8

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  9. 9

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  10. 10

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。