記事

「末端の人と人との関係をプロトタイピングできれば、いいシステムが作れる」――大前研一×サイボウズ青野慶久社長

1/2

2014年11月28日に開催される「cybozu.comカンファレンス2014」。東京会場ではあの大前研一氏がクラウドにまつわる講演を行います。その事前打ち合わせのため、サイボウズの青野慶久が大前氏の事務所を訪問。クラウドがこれから世の中をどのように変えていくのか、意見を交換しました。

そこからいつしか話は教育の分野へ。「宿題をやるくらいならゲームをやれと言っていた」などの超ユニークな“大前流育児論”に、イクメン経営者として知られる青野も興味津々で聴き入ります。既存の常識に縛られたレガシーな思考をバッサバッサと斬り捨てる痛快な“大前節”を、イベント講演に先立ち、まずはこちらでお楽しみください!


画像を見る

日本の公共サービスはクラウドのメリットをまだ生かせていない

画像を見る

このたびは「cybozu.comカンファレンス2014」での講演をご快諾いただきありがとうございます。今回のカンファレンスのテーマは「チームを強くするクラウド」。サイボウズは今、クラウドに社運をかけ、「ここでダメなら会社が終わる」くらいの気持ちで全力を投入しています。

画像を見る

クラウドは、企業はほうっておいても使うんですよ。これから先、本当にクラウド導入のメリットが出てくるのは、パブリックサービスの部分だと思う。これまでは市町村・都道府県・国すべて縦割りで、バラバラのシステムを作ってきたでしょう? 中身は全部同じなのに。例えば、選挙の際に、市町村が電子投票システムを作ったとしても、それを県議会や国会の議員選挙には使えない。発想が個別対応なんですよ。

画像を見る

画像を見る

確かにバラバラで効率が悪いですよね。

画像を見る

その点、クラウドならば、最初に1つクラウド上にシステムを設計すれば、それを市町村でも、県でも、国でも利用できます。ここがクラウドの最大のメリットですよね。最小単位のものを1つ作れば、最大単位をカバーできる。

画像を見る

おっしゃるとおりですね。

画像を見る

そういう意味では、エストニアはかなり進んでいますよ。人口わずか130万人の国ですが、2000年からすでに電子政府を導入しています。閣議もすべて電子会議で、それを国民もすべて覗ける。

もっとすごいのは、国民1人ひとりのIDをスマートフォンのSIMカードに入れるようにしたんです。それで本人証明やサインもできてしまう。
電子投票システムも、地方選挙では2005年から、国会の選挙でも2007年から導入しています。海外在住のエストニア人もこのシステムを使って投票できるんです。

画像を見る

そこまできていますか。投票のためにわざわざ近くの小学校まで行く必要はないんですね(笑)

画像を見る

電子教育も進んでいますよ。クラウドに生徒の成績や出欠などの情報を上げていて、親も先生も本人も見られる。

画像を見る

サイボウズはある県で教育関係のクラウドをやっているんです。今の日本の学校では、例えば生徒が隣町の学校に転校しただけで、情報が引き継がれない。それまで先生とどのようなやり取りを行ってきたかわからず、完全にゼロクリアになるんですよ。

画像を見る

人口100万人の国でできているのにね。日本はレガシーに凝り固まってしまっているんですよ。発想そのものを変えないと。

“最小のユニットをいかに構築するか”がクラウドのキモ

画像を見る

クラウドでは、誰と誰がどういう形で結びついているかを原点として最小単位のユニットを構築するのが大事。先ほども言ったように、クラウドはスケーラブル(拡大縮小が可能=大規模な変更をしなくても質的・量的変化に対応できる)ですから、まず最小単位で作ってしまえば、あとはどのようにでもなる。

画像を見る

ええ。

画像を見る

例えばPOSシステムなども、端末にiPadなどを使い、受発注や売掛回収、在庫管理といったシステムはすべてクラウド側に持っておく形にして、最小単位で構築すれば、そこからいくらでも拡大可能。かなりレベルの高いPOSシステムを月々3000円程度で利用できるようになります。こうなると従来型のITゼネコンは不要になってしまう。

画像を見る

最小のユニットをいかに構築するかがキモなわけですよね。

画像を見る

画像を見る

そうです。ただし、クラウドだけではダメ。ただ単純に「データを預かります」といっても、価格競争になりますから。無味乾燥なクラウドを肉付けするソフトコンテンツも考えなくなくてはならない。そこに一歩踏み込めれば、強烈なものを生み出せます。

画像を見る

なるほど。

画像を見る

もう1つ、「群衆」という意味のクラウド(CROWD)も重要です。代表的なのがクラウドソーシング。僕も日本語のプレゼンシートを英訳する際には、「オーデスク」というクラウドソーシングサービスで募集をかけるんです。発注先は例えば駐在員の奥さんとか。見事な仕事をしてくれますよ。駐在員本人よりも、えてして奥さんのほうが優秀だったりするんです(笑)。それに安いですし。

画像を見る

実はサイボウズも最近、企業ロゴを新しくするのに、クリエイターを「ランサーズ」というクラウドソーシングサービスで募集したんです。1400個も応募が来ました。「ランサーズ」の過去最多記録だったようで。

画像を見る

大手食品会社が主婦に5万円で自社商品のキャッチフレーズを募集したこともありましたよね。いずれにせよ、クラウドソーシングなども使ってみないとその威力がわからない。そういうもので外部の力をうまく活用して、会社はなるべく小さくする、というのがこれからの流れになるでしょう。

あわせて読みたい

「大前研一」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  2. 2

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  3. 3

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  4. 4

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  5. 5

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  6. 6

    菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

    猪野 亨

    08月04日 14:17

  7. 7

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  8. 8

    二階幹事長“首相の続投望む国民多い”発言に「どこの国?」「幻聴では」と失笑の嵐の異論」

    女性自身

    08月04日 09:50

  9. 9

    有害な言論はどこまで警戒すべきか?

    元官庁エコノミスト

    08月04日 15:07

  10. 10

    「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    08月04日 08:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。