記事

8月15日、靖国神社の光景 - 鈴木邦男

 8月15日(金)、靖国神社に行った。騒々しかった。閉口した。戦争で亡くなった人々を静かに慰霊する、といった雰囲気ではない。これでは、戦争で亡くなった人がかわいそうではないか。そうも思った。

 「右傾化の時代」と言われるせいか、人は多い。去年よりも更に多い。地下鉄九段下駅を降りて、靖国神社まで普段は5分もかからないのに、この日は30分以上もかかる。人、人、人で身動きができない。それに、道の両側に、ビッチリと「店」が並んでいる。店といっても食べ物やみやげ物を売ってる店ではない。いわば、「思想」を売っている店だ。いや、自分たちの「主張」を売っている店だ。「中国・韓国は許せない。10倍返しだ!」「歴史教科書はおかしい。変えろ!」「全ては憲法のせいだ! 改正しよう! 署名をお願いします」…と。

 それでなくとも道は狭いし、人が多いのに、両側から叫ばれ、署名を求められる。大きなパネルも並べられている。皆、自分たちの主張を大声で言う。絶叫している。毎年、見慣れた光景だが、今年は特に多いし、特に騒々しい。やっとの思いで、信号のところまで来た。信号を渡ると靖国神社の大鳥居だ。その時、ギョッとする光景に出会った。女性が声を張り上げて、朝日新聞を攻撃していた。慰安婦問題で嘘ばかり書いている朝日は廃刊にすべきだ、と。「朝日は、そんなに日本が憎いのですか!」と。

 まあ、言論・思想の自由だから何を言ってもいいだろう。でも、「南京大虐殺はなかった」「従軍慰安婦はなかった」…と、エスカレートする。「戦争中に虐殺したり、レイプしたりする兵隊は1人もいなかった。ましてや慰安所などなかった」。そして、こう言ったのだ、「日本兵は世界で一番、道徳的な兵隊です!」。

 エッ、そこまで言うのかよ、と思った。そのうち、「戦争で1人も殺さなかった」「1発の弾も撃たなかった」と言うんじゃないか、とまで思った。「戦争もやってない。嘘だ!」とも言いかねない。まさか、そこまでは言わないだろうが、「日本兵は世界で一番道徳的な兵隊です!」の叫びは、ずっと耳に残っていた。でも、愚かだ、歴史を知らない、と切り捨てる気にはなれなかった。だって昔は、僕もそう思っていたからだ。

 右翼学生だった頃だから、45年以上も前だ。純粋な愛国学生だった。日本の兵隊たちは皆、愛国心で戦った、倫理的、道徳的な兵隊だと思っていた。「神兵」だと思っていた。それなのに南京大虐殺や従軍慰安婦などと左翼は騒いでいる。左翼マスコミも騒いでいる。こいつらは許せないと思った。国の為に戦った人たちがそんなことをするはずがない。英霊を冒涜する奴らは許せない、と思っていた。左翼が強かったからこそ、僕らは反撥して、日本の兵隊を理想化したのかもしれない。

 学生時代の、そんな体験だけで終わったら、今でも「神兵説」を信じていたかもしれない。観念の中だけで、「日本兵には悪いことをした人は1人もいない」「世界一道徳心の高い兵隊だった」と信じていたかもしれない。あるいは、その方が幸せだったのかもしれない。

 学生時代は、右翼といってもアマチュアだ。卒業したら終わるという人が多い。でも僕は、その後本物の右翼の世界に入り、そして40年以上運動をやった。ちょっと長すぎたとは思うが、学んだことは多い。純粋に国を愛し、この国をよくしようと思ってる人が多い。でも、サラリーマンをやってその余暇に運動をやるだけではダメだ。朝から晩まで、毎日、運動をしたい。でも働いて金を得る時間はない。だから、カンパを求める。少しは強引に。時には法律にふれるような方法でカンパを求める。それも仕方ない、日本を救う為だから、と思う。俺たちは国のために命をかけてるのに、一般のサラリーマンは国のことを考えず、自分のことしか考えない。だから、こんな連中から金をとっても当然だ。…と考える人も出る。運動に熱中すればするほど、そういう極論に走りがちだ。

 僕らとは対極にいた赤軍派の人たちは、「資金獲得」の為に銀行・郵便局強盗をやった。「これは元々、人民の金だ。我々は人民の為に革命をやるんだ。だから、ここの金は自分たちの金だ」。そう思ったらしい。いや、そう自分に信じ込ませて、この資金奪取をやったようだ。真面目だし、私心はない。でも、強盗は強盗だ。

 愛や善意や正義感からも人は、思いつめて罪を犯すことがあるんだ、と思った。「そうか、日本兵だって同じことはあっただろう」と思った。「世界一道徳的な兵隊」だといっても、これと同じことはあっただろうと思った。人間なんだし、「神兵」で最後まで通すことは難しい。

 大鳥居をくぐって、靖国神社に入ると、広々としていた。しかし、奇妙なことに気がついた。やたらと「軍人」が多い。本物の軍人ではない。軍人の格好をした人たちだ。珍しがって見に来る人たちと記念撮影をしている。又、大きな輪を作って、皆で軍歌をうたっている。その時、ザックザックと玉砂利を踏む音がする。20人ほどの軍人が銃を持って行進している。沿道の人々は群がって写真を撮っている。外国のカメラマンもいる。これが外国に紹介されたら、「又、日本は戦争をしようとしている」と思われるのだろう。「8月15日だけの光景」なのだろうが、外国の人達はそうは思わない。日本では改憲の動きがあるし、集団的自衛権もあるし、ヘイトスピーチデモもある。〈一連の流れ〉と思われるだろう。又、書店に行くと、反韓・反中の排外的な本ばかりが並んでいる。どんどん誤解される。「いや、誤解されてもいい。これが愛国心だ」と居直る人々も多い。「にわか愛国者」が急増し、冷静な議論が成り立たない。

 夜、ロフトプラスワンに行った。毎年8月15日は、高須基仁さんが中心になって「終戦を考えるトーク」をやっている。反戦派・護憲派の人をゲストに、「戦争よりは平和だ」と訴えている。でも、最近は勢いがない。左翼、反戦派・護憲派はもう絶滅危惧種なのかもしれない。「国のためなら戦え!」「中国・韓国なんか、やっちまえ!」という発言の方が目立つ。戦争体験者もいなくなるし、証言する人もいなくなる。反対に、体験したことがないのに、観念だけで「戦争はカッコいい!」「戦え!」と絶叫する人々ばかりが増えてきた。劣勢だけど、頑張りましょう、マガ9も!

あわせて読みたい

「」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  4. 4

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。