記事

内閣の瓦解のプロセスを検証して、創造への意欲を高めたい

内から見る景色と外から見る景色はまるで違う。

民主党最後の内閣である野田内閣の時代は永田町や霞が関の外にいる私の目から見て無為無策の何もしない内閣、何もできない内閣のように映った。

しかし、霞が関の中にいて一生懸命内閣の屋台骨を支えてきたと思われる役所の人から、野田内閣はよくやっていた、少なくとも鳩山、菅の時代よりは遥かによくやっていた、というコメントが寄せられた。

野田氏の誠実ぶりは、私にも分かった。
その真面目な仕事ぶりは私も評価していた。

しかし、それでも閣僚の選び方が滅茶苦茶で、結局人の選び方が拙くて墓穴を掘ってしまった、というのが私の感想である。
民主党の中に必要な人材がいなかった、育っていなかったのだから仕方がなかった、という一面があったのは間違いないが、世間の評価は結果に対してしかつかないということだ。
いい人ではあるが、一国のリーダーとしてはよくなかった、人はいいが悪い、ということである。

しかし、何事につけても内と外の双方から見るくらいの度量は必要だろう。
無能、とばかりは簡単に切り捨てられないところがあるのは、ご指摘のとおりである。

第一次自民党安倍内閣から民主党最後の内閣野田内閣までの歩みを辿ってきたが、自民党と民主党がそれぞれに政権の座から滑り落ちていくプロセスを具体的に検証してきたようなものだということに改めて気づいた。

いわば内閣が瓦解していく様を、自民党時代は内から眺め、政権交代後の民主党時代は外から眺めていたということになる。

野田内閣がそこそこによくやってきた、という評価がどこから来るのだろうと考えた。

多分、政治主導の掛け声で鳩山内閣、菅内閣時代は国会議員がそれまでの霞が関のルールを滅多切りして霞が関が機能しなくなった時期に比べて、野田内閣時代は霞が関に任せる部分が大きくなってそこそこに霞が関が機能するようになっていた、ということだと思う。

野田内閣の閣僚は、自分の得意でない分野には妙に口出しをしない、万事霞が関お任せの大臣であればよかった、ということだったかも知れない。
霞が関にとっては結構いい内閣が野田内閣だった、ということかも知れない。
少なくとも永田町が霞が関を邪魔するような存在ではなくなった、ということだろう。

私は霞が関にいたこともあるから、その感覚はある程度分かる。

しかし、一般の国民から見ると、これは政治がまったく機能していない、という風に映る。
野田氏が民主党にとっては最悪のタイミングで解散総選挙に雪崩れ込んだから再度の政権交代が実現した、ということだろう。

今までは内閣の瓦解のプロセスを眺めてきた。
しかし、物事が崩れ落ちていく様を見るのは決して楽しいことではない。

私は、創造の喜びを味わいたいと思っている。

あわせて読みたい

「野田内閣」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリへのツッコミこそ誤り

    新井克弥

  2. 2

    役員報告資料のパワポは禁止せよ

    武田雄治

  3. 3

    山本太郎氏 米軍から自主独立を

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  4. 4

    森ゆうこ氏への請願黙殺する自民

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    中村医師の死を政策論争に使うな

    篠田 英朗

  6. 6

    1%でもやる救命「自己満足」とも

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    若者はジーンズ選ばないビジカジ

    NEWSポストセブン

  8. 8

    自営業者にも厚生年金を適用せよ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    高圧的な立民 野党合流は困難か

    早川忠孝

  10. 10

    Uberで性暴行 約半数は客の犯行?

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。