記事

甲子園でスローボールを投げることと「正々堂々」

ただいまパリにいますが、時差ぼけで眠れないので、ブログを更新しています。今日は前回に引き続き(おにぎり作りからみる性差と「美談」)甲子園ネタです。

 『THE PAGE』が掲載していた、「<高校野球>東海大四・西嶋投手の超スローボールの是非」という記事が興味深かったのでこれについて少し。


1 記事の紹介

 「東海大四高(南北海道)の西嶋亮太投手の推定50キロ台の超スローボール(イーファス・ピッチ)が話題になっている」という記事です。

 西嶋投手は「13日の九州国際大付属戦で、計4球、スピードガン掲示もされない“超ゆる球”を入れ込んで」、「12個の三振を奪って完投勝利」しました。

 しかし、これに対し、「某元アナウンサーが、ツイッターで『ダメとは言わないが、少なくとも投球術とは呼びたくない。意地でも。こういうことやっていると、世の中をなめた少年になって行きそうな気がする』と批判」し議論を呼びました。

 これについて記事では、「ルールブックで禁止されていない頭を使ったプレーを非難されることの方がおかしい。 しかも超スローボールの会得は簡単ではない」として、スローボールを投げる難しさを説明しています。


2 正々堂々

 私は野球そのものがあまり好きではない上に、以前書いた様に(甲子園のスパイ疑惑と高野連の対応甲子園のスパイ疑惑と高野連の対応2)、甲子園というものに対して批判的です。そのため、以下に書くことはそうした発想を持っているものの意見だということを踏まえてお読み下さい。

 「投球術」と呼びたくないと発言された方は、おそらく「高校生らしく」正面から正々堂々と戦うべきだという発想からそうしたことを述べられたのかと思います。

 ただ、この「正々堂々」というのが曲者で、戦争では圧倒的に戦力の劣るもの(今回がそうだといっているわけではありません)が、策略を用いて勝利するのと、正面からぶつかって玉砕するのとどちらが良いのかという話があります。

 当然戦争では、勝てば官軍なので、手段などは二の次となるわけですが、これがスポーツとなるとそれほど単純ではありません。


3 スポーツマンシップ

 スポーツマンシップが重んじられ、ロンドンオリンピックでは、バドミントンの試合で中国人選手らが無気力試合をしたとして失格になったことがあります(バトミントン中国人選手失格に対する中国の意見)。

 これも明確にルールに違反したわけではありませんが、観客からのブーイングのひどさからも、すこしやりすぎだったのではないかという気はしております。

 そこで、今回のプレーですが、西嶋投手は相手をなめていたわけでも、無気力試合をしたわけでもありません。

 戦略の1つとして、スローボールを投げたわけで、私はそれを批判するのはおかしいことと考えます。もしこうした正面からの「正々堂々」以外認められないというのであれば、送りバントやスクイズもおかしいという話になるかと思います。


4 最後に

 おそらく今回のような意見が出る理由として、下手に教育の一環として「高校生らしさ」とか「清清しさ」とか訳のわからないものを信仰している人がいるからかと考えます。

 所詮はスポーツの1つにしか過ぎないものが、いつの間にかそれ以上のものとなってしまっており、いろいろ過度の期待が寄せられすぎているような気がしないでもありません。

 確かに若者があることに熱中している姿はすばらしいものがあり、それを否定するつもりはありませんが、人生はあることさえやっていれば良いわけではなく、そのために他のものが犠牲になっているのであれば、少しひっかかるところがあると思ったが故のエントリーでした。

あわせて読みたい

「高校野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  7. 7

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。