記事

定額制音楽配信Spotifyがカナダに上陸。アクセスコードを限定で配布開始

リンク先を見る

定額制音楽ストリーミングサービスSpotifyがカナダに上陸しました。Spotifyはサイトで登録済みのユーザーにアクセスコードがついた招待状を送付しています。現時点では、これはプレローンチで、Spotifyは正式ローンチの時期は発表していません。

今年6月にSpotifyが近い将来にカナダでサービスをローンチすることが報じられ、その2ヶ月後にカナダに上陸したことになります。カナダは世界第7位の音楽マーケットで、2013年間の音楽売上は4億2400万ドル (約434億円)に上ります。

今年初めにグーグルの定額制音楽サービス「Google Play Music All Access」がカナダでサービスを開始しました。

2010年にはアメリカの大手ストリーミングサービスPandoraが、カナダのロイヤリティ徴収団体Re:Soundの要求 (総売上の45%)を飲むことが出来ずに、参入を断念した経緯があるほど、新規事業の参入が難しい市場と言われています。

このような事情の中、2012年にカナダ進出に成功したキュレーション型の音楽サービスSongzaは、競争に脅かされることなく成長し、市場で存在感を高めて来ました。その他すでにカナダに進出しているサービスは、Deezer、Rdio、ソニーのMusic Unlimited、マイクロソフトのXboxMusicです。

カナダの新聞「グローブ・アンド・メイル」によれば、カナダの著作権管理団体コピーライト・ボード・オブ・カナダ (Copyright Board of Canada)は5月に音楽ストリーミングサービスは再生回数1000回に付き10セントのロイヤリティ料を支払うルールを定めました。このルールがSpotifyのカナダ進出に適応されているかどうかは不明です。

リンク先を見る

Spotifyは、2000万曲のあらゆるジャンルの音楽が聴き放題できる、オンデマンドな音楽ストリーミングサービスで、ユーザーはiPhoneやandroidなどスマホやタブレット、ウェブやPC/Mac、さらにスマートテレビなど家電や車載システムと、フリーまたは有料からあらゆる環境で好きな時に音楽を聴くことができます。

現在Spotifyには、フリーで聴ける広告付きのプランと、月額9.99ドルで聴ける広告・制限無しの有料プラン「プレミアム・プラン」を提供しています。プレミアム・プランの場合、オフラインで聴けるためのダウンロード機能や高音質再生 (320kbs)などが利用できます。

Spotifyは好きな曲を検索して再生ができ、またジャンルやムード、アクティビティに応じて設定されたプレイリストが多数用意されています。またユーザーも独自にプレイリストを構築することが可能で、その数は15億個を超えています。

さらにSpotifyには、ユーザーの好きなアーティストやアルバムに合わせて、その音楽を分析し最もテイストが似ている曲を自動でレコメンドしてくれるパーソナライズド・ラジオ機能も搭載します。

現在米国やヨーロッパを含む世界57カ国で聴き放題サービスを展開していますが、世界の音楽売上2位のここ日本では、サービス開始が難航し、開始する気配すらありません。CDやダウンロードでは実現出来ない、モバイル時代に最適な新しい音楽の聴き方や音楽との出会いが日本では果たして生まれるのでしょうか?

ソース
Spotify Begins Rollout of Expansion to Canada (8/15 Billboard)

あわせて読みたい

「Spotify」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。