記事

【読書感想】誰も戦争を教えてくれなかった

1/2
リンク先を見る

誰も戦争を教えてくれなかった


Kindle板もあります。

リンク先を見る

誰も戦争を教えてくれなかった

内容紹介

誰も戦争を教えてくれなかった。

だから僕は、旅を始めた。


広島、パールハーバー、南京、アウシュビッツ、香港、瀋陽、沖縄、シンガポール、朝鮮半島38度線、ローマ、関ヶ原、東京……。


「若者論」の専門家と思われている28歳社会学者。

そして「戦争を知らない平和ボケ」世代でもある古市憲寿が、

世界の「戦争の記憶」を歩く。


「若者」と「戦争」の距離は遠いのか、

戦勝国と敗戦国の「戦争の語り方」は違うのか、

「戦争、ダメ、絶対」と「戦争の記憶を残そう」の関係は歪んでいるのでは――。


「戦争を知らない」のはいったい誰なのか、

3年間にわたる徹底的な取材と考察で明らかにする、

古市憲寿、28歳の代表作!


◆オビ推薦:加藤典洋氏

「一九八五年生まれの戦後がここにある。」


◆週末ヒロインももいろクローバーZとの1万2000字対談を収録!

「5人に『あの戦争』に関する全20問のテストを解いてもらったら……」


◆巻末に「戦争博物館ミシュラン」まで付録!

今年の6月に、こんなニュースが伝えられました。

参考リンク:修学旅行の中3、被爆語り部に「死に損ない」(YOMIURI ONLINE)

 学校などによると、修学旅行生119人は5月27日に長崎市を訪問。原爆で多くの犠牲者が出た山里小学校で、被爆者の森口貢みつぎさん(77)(長崎市)が、班から離れて行動していた生徒5人を注意したところ、「死に損ないのくそじじい」「うざい」などと暴言を吐かれたという。学校側は森口さんから抗議を受け、謝罪した。

このニュース、広島の小学校で、怖くなって夜眠れなくなるほどの「被爆体験」「平和教育」を受けた僕にとっては、「世も末だな……」と嘆かずにはいられなかったのです。

でも、その一方で、そういう「平和教育」を自分が子どもの頃、真摯に聞いていたかというと、「こんな暗い話を聴くのはつらいな、自由行動の時間に、はやくならないかなー」なんて考えていた記憶もあるんですよね。

僕は戦争を直接体験していないし、親の世代も「物心がついたときには、戦争は終わっていた(それでも、戦後の混乱期はけっこう大変だった)」そうです。

その僕の子どもの世代となれば、そりゃ「戦争は悲惨なものだ」と言われても、リアリティに乏しいのも「仕方が無い」ところはあるんですよね。

もう、「直接の戦争体験」を語れる身内を持つ子どもは、かなり少ないだろうし。

そもそも、こういう生徒5人だけを大きく採り上げて、「いまの若者は……」と言ってしまうことも、「いまの大多数の若者」にとっては、不本意なのではないかと思います。

 ハワイでパールハーバーを訪れたことをきっかけに、僕は新しい土地へ行くたびに戦争に関する博物館を訪れるようになった。

 真珠湾の博物館は、とても「爽やか」で「楽しい」ものだった。では、他の国では、他の場所では、戦争はどのように記憶されているのだろう。

 そんな素朴な気持ちで始まった戦争博物館巡りは、とても楽しいものになった。

 多くの国は、国立の戦争博物館を持っている。つまり、戦争博物館へ行けば、その国が戦争をどのように考え、それをどう記憶しているのかを知ることができる。訪れた国の「国家観」や「戦争観」を、展示を見ながら感じることができるのだ。ショッピングだけで終わる観光旅行よりも、よっぽど楽しい。

 とにかく戦争の爪痕を当時のまま残すことに執念を燃やす国、現代アートを使って戦争の悲惨さを表現しようとする国、最新技術を用いて戦争被害をこれでもかというくらい強調する国、極力自分たちの戦争観を表明せずに曖昧さを貫く国。戦争に関する博物館は、その国ごとの「お国柄」をよく表しているように思えた。

 2011年1月から2013年4月の間に、いくつもの博物館や戦跡を巡った。

この本には、1985年生まれの社会学者である古市憲寿さんが、広島、パールハーバー、南京、アウシュビッツ、香港、瀋陽、沖縄、シンガポール、朝鮮半島38度線、ローマ、関ヶ原、東京など、世界各地の戦争博物館や史跡を巡り、考えたことが書かれています。

日本で1970年代前半に生まれ、「平和教育」を受けてきた僕にとって「戦争博物館」と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、広島の原爆資料館で、はじめて行ったときの衝撃は、いまでも忘れられません。

当時の僕にとっては「自分の親も、原爆で死んでいたかもしれない」という、けっこう身近で現実的な恐怖でもあったんですよね。

いまから35年くらい前は、それを実際に体験し、生き延びた人たちが、街で普通に生活していたのですから。


僕にとっての日清・日露戦争や第一次世界大戦が、現実に起こったことというよりは、「歴史上の物語のひとつ」であるかのように感じられるのと同じように、いまの若者たちにとってはの太平洋戦争は「物語」になってしまっているのかな、とも思うのです。

それが良いとか悪いとか不謹慎とかそういうのではなくて、人類は、そうやっていろんなことを忘却しながら続いてきたのだろうな、と。


とはいえ、それは「世代」だけの問題なのか?という疑問も、著者は呈しているのです。

あわせて読みたい

「戦争」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  4. 4

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  5. 5

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  6. 6

    こういう五輪中止の可能性

    krmmk3

    08月01日 15:19

  7. 7

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  8. 8

    横浜市長選に立憲民主党等が擁立する候補予定者の適格性が問題視されるという異常な事態

    早川忠孝

    08月01日 22:01

  9. 9

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  10. 10

    「400店舗から27店舗に」"絶滅危惧種"だったドムドムを黒字化した"元専業主婦社長"の実力

    PRESIDENT Online

    08月01日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。