記事

アメリカで、CEOが続々と氷水を浴びるワケ

CEOs And Celebrities Are Chilling Out With Ice Bucket Challenge.

全米で名だたる企業の最高経営責任者(CEO)が、次々にバケツいっぱいに入った氷水を頭から被っています。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOに始まり、マイクロソフトのサティア・ナデラCEO、ツイッターのディック・コストロCEO、TモバイルUSAのジョン・レジェールCEO・・・他にもS&P500を構成する大手企業の名前が続々並び、ソーシャル・メディアをはじめ大旋風が巻き起こっているんです。(映像はこちらをご参照)

CEOだけではありません。政治家では2016年の共和党大統領候補と目されるニュージャージー州のクリス・クリスティ知事や、NJ州ニューアーク市長を務めた後で2013年に米上院議員に選出されたコーリー・ブッカー氏も、文字通り「冷や水」を浴びたのです。セレブリティではファルセット・ボイスがセクシーな歌手兼俳優のジャスティン・ティンバーレイク、コメディアンでオバマ米大統領とスロージャム・セッションしたジミー・ファロンとザ・ルーツ、NFL界ではニューイングランド・ペイトリオッツがユニフォームを着たまま水浸しになりました。

ペイトリオッツ、練習前に氷水でファイト一発!?
画像を見る
(出所 : Patriots)

「オレたちひょうきん族」の懺悔室で罰を与えられたわけでもないのに、なぜ有名人がこぞってわざわざキンキンに冷えた氷水シャワーにさらされているのでしょうか?夏だから??

いいえ、実はこれキャンペーンの一環なんです。

伝説のヤンキース4番打者ルー・ゲーリック選手が診断され、ルー・ゲーリック病としても知られる筋萎縮性側索硬化症(ALS)。この病気の支援団体であるALS協会が寄付を募る新たな手法として、7月29日から「Ice Bucket Challenge(バケツ一杯の氷水チャレンジ)」を開始したんです。

この挑戦状を受け取ったら、24時間以内に100ドル(約1万円)を募金するか氷水を浴びるかを選択しなければなりません。どちらか選べばそれで終わりではなく、次に3人の挑戦者を指名する必要があります。だからこそ、あっという間に全米拡散されたというワケ。

キャンペーンが全米で大旋風を巻き起こすなか、寄付金は8月12日までの約2週間で400万ドル(4億800万円)に及びました。前年同期の112万ドル(1億1530万円)から約3.5倍増ですから、大成功ですね〜。

企業やセレブにとっても、イメージアップにつながるためウィン・ウィンなこのキャンペーン。ちなみに、挑戦状を突きつけられたオバマ米大統領は、氷水を断り寄付する選択肢を採用しました。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。