記事

【ガザ発】 戦場を知り尽くしたカメラマンの死

画像を見る

不発弾で遊ぶ少年たち。今となっては近くから撮影した自らの浅はかさを恥じている。=ガザ中南部のデルバラ市 写真:筆者=

 13日、激戦地ベイトラフィーヤで起きた不発弾の爆発事故に巻き込まれて命を落としたイタリア人カメラマンの遺体が、14日朝、イスラエル側に搬出された。

 息子の遺体を引き取るために父親がガザに入ろうとしたが、イスラエルが認めなかった。このため赤新月社(アラブ世界の赤十字)が、遺体を搬送した。

 死亡したシモーニ・カミリ氏はヨーロッパと中東で起きた紛争を取材してきた。コソボ独立、グルジア戦争、イスラエル‐レバノン戦争、ガザ戦争、イラクとシリアのイスラム国(ISIS)・・・「戦場カメラマン」そのものだった。

 戦場をよく知るカミリ氏が、なぜ危険な「信管の抜き取り作業」を近くで取材したのか?

 首を傾げる向きもあるだろうが、地元のメディア関係者の見方は厳しい。

 「あの場(信管の抜き取り作業)に立ち会ってはいけない。彼のミスだ」。ガザの映像制作会社の社長はニベもなく語った。

画像を見る

前日に不発弾が爆発した現場からリポートするイタリアTV局の記者。イタリアでカミリ氏の死は重く受け止められている。=14日、ベイトラフィーヤ 写真:筆者=

 欲が出たのだろうか、油断があったのだろうか、疲れがたまっていて判断力が鈍っていたのだろうか? タブーを犯したカミリ氏に何があったのだろうか。

 安全圏内に身を置いていても記事を書ける記者と違いカメラマンは現場を押さえなくてならない。危険と背中合わせになる。

 古く(1954年)はロバート・キャパがベトナムで地雷に触れて亡くなった。1970年には沢田教一が、カンボジアで何者かに銃撃され命を落としている。

 2007年にはミャンマーの民衆蜂起を撮影していた長井健司さんが、治安部隊に撃たれて死亡した。

 彼らの写真と映像が、戦争や圧政の現実を世界に伝えた。犠牲というには尊すぎる。

 ◇

読者の皆様。田中はクレジットカードをこすりまくってガザに来ております。借金です。ご支援よろしくお願い致します

『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「ガザ地区」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  2. 2

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  3. 3

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  4. 4

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  5. 5

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  6. 6

    菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

    猪野 亨

    08月04日 14:17

  7. 7

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  8. 8

    二階幹事長“首相の続投望む国民多い”発言に「どこの国?」「幻聴では」と失笑の嵐の異論」

    女性自身

    08月04日 09:50

  9. 9

    有害な言論はどこまで警戒すべきか?

    元官庁エコノミスト

    08月04日 15:07

  10. 10

    「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    08月04日 08:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。