記事

戦争のイメージを問なおせ!

8月15日は終戦記念日。日を前後して戦地で散った若者の記録や、戦災を受けた人々の体験が語られる。こういった報道の継承はもちろん重要だ。だが、もっと多くの人々が体験した、あまり語られることのない戦争の記憶も、まだあるように思う。 僕の従兄(歳は三十近く離れていたが)は、終戦の日、朝から池に釣りに行き、帰宅した際、その事実を父親の”鉄拳”で知らされた。「こんな大事な日に、なんと不謹慎な!」というわけだ。

当時の大多数の日本人にとって、戦争というのは、こういった日常の中にあっただろう。ある日、戦争が始まり、激化し、敗戦色が濃くなり、そして戦争が終わった。だが、身の回りには爆弾一つ落ちてこなかった。そういった「大きなことは何も起こらなかった戦争」こそ、これから語られるべきではないだろうか。

もちろん、何も起こらなかったわけではない。戦地に向かった知人や肉親の何人かは帰らぬ人となっている。だが、死は紙で知らされるのみ。また日に日に生活事情が逼迫し、戦時統制も厳しくなっていく。こういった、ひたひたと日常に入り込んでくる戦争の現実を、当時の人々はどう受け止めていたのだろうか。

現在の若者はもちろん、団塊世代ですら戦争経験はない。だから、戦争を様々な視点からイメージすることが必要だ。そして最も共有された経験であるにもかかわらず、地味ゆえに語られず、イメージしづらいのが、こういった、いわば「何も起こらなかった戦争」だ。

そして、それは、もうひとつの戦争の悲惨さ(しかも最も多くの人間が体験したそれ)を物語っているはずだ。

あわせて読みたい

「終戦記念日」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。