記事

BuzzFeed(バズフィード)が4000本もの記事を削除した理由

画像を見る

先日、5000万ドル(約51億円)もの資金調達を発表したバイラルメディア「BuzzFeed(バズフィード)」。盗作記事を制作した記者が解雇されたりなんてこともありましたが、過去の記事を4000本も削除したという話題もあります。

Gawkerの記事によれば、先月には、2010〜2011年にアップされた記事が少なくとも4本削除されたとのこと。広報担当によれば、編集基準(editorial standards)に見合わなくなったからだそうです。

以下のGIF画像をみると、投稿数(Posts)が減っているのが分かります。

画像を見る

特に4月には、シニアエディターのデーブ・ストペラ氏の記事が2091本から1229本になっていたり、DIYエディターのペギー・ワン氏は、 3923本から3437本に、シニアリポーターのマイク・ヘイズ氏は、667本から413本、編集ディレクターのジャック・シェアパード氏は、2501本から2394本へと減っているのです。

合計すると4000記事以上になるにもかかわらず、読者への説明はされていません。削除したのは、「10 Things You Didn’t Know About Iceland」「8 Things You Might Not Know About Iceland」といったリスト記事が多いようです。

バイラルメディアに新聞のDNAを埋め込む」という記事でも言及されているように、新聞社のようなスタイルガイドをつくり、用語や記事体裁についての決まりごとを定めています。メディアとしての品質維持やブランディングにもかかわってくるため、このような流れも今回の記事削除と関係していそうですね。

先日、バイラルメディアについてのイベントに登壇する機会がありました。少しコンパクトすぎる資料ですが、関心ある方はぜひチェックいただけたらと思います。

あわせて読みたい

「BuzzFeed」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  3. 3

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    謎解きを許さぬ三島由紀夫の意思

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。