記事

「すべての人格を否定するような発言を公共の電波で流していいのか」山本府議が会見

1/3
中学生とトラブルを起こし、所属する大阪維新の会から除団処分の決定を受けた山本景府議(交野市選出)が、きょう14時から、会見を行った。

niconico 写真一覧

冒頭発言

山本府議:今般、私のことに関しまして、これだけ多くの報道関係者の皆様、お忙しい中にかかわらず、お集まりくださいましたことに、まず御礼を申し上げます。そして、何よりも私の今回の一連の行為にて、まずはやはり中学生と安易にLINEでやりとりをしたこと、そこは大いに反省をしなければいけません。

そして、その中学生に、たとえ私が中傷されるメッセージを受け取ったからといってもですね、中学生に対して私が送ったメッセージというのは、大人であり、議員である私が送ったメッセージとしては不適切でございました。そこは中学生および保護者の皆様に改めて、この場をお借りいたしまして、お詫び申し上げます。

本日の会見につきましては、私からまず説明をさせていただきます。まずはですね、これまでの会見もしくは取材等で話をさせてもらったところの補足のところがございます。そして、事実の確認がございます。事実の誤認のところがございまして、報道されているところの中に、正しいところもございます。一方で間違ったところもございます。結果、私のイメージ、信用が棄損するといった、そのようなことが起きております。

また、あわせまして私の府議会議員としての議員活動、政治活動に支障が生じているところがございます。例えばですね、この数日、今週、先週あたりから個別に取材をなさる報道の関係者の方が事務所等によくお越しになるのですが、そうなってくると普段の活動等が出来なくなっている状況でございます。

本日はこのような形で報道陣の皆様にお越しをいただきまして説明をする、記者会見の場をもうけさせていただきましたので、出来る限り、この場においてご質問等くださいますようよろしくお願い申し上げます。

今回のLINEの件に関しまして、補足の説明のところで、私の事務所等や、もしくはメールなどでも ご意見、ご質問頂戴しております。

その中で、そもそも何故私がLINEを中学生とやったのか。その辺に関しましての補足の説明をまずはさせていただきます。LINEをやったことに関しましては、情報収集等という漠然とした言い方をこれまでさせてもらっておりました。

これだとなかなか真意が掴み兼ねるところがございまして、これは昨今、私の地元でございます交野市におきましては、LINEを使ったいじめ等の問題が起きているということも、地元選出の市会議員方、複数名からお伺いをしておりました。

これに関して、実際どういったものかということを、中学生等に話を伺えたらなと思いまして、 それがそもそも中学生とLINEを始めたきっかけでございます。しゃべりかけられた中学生から 話したという形になるんですが、結果としてですね、保護者の同意を得ることなく、LINEをしたことに対しては、やはりその点は大いに反省をすべきである。そのように考えております。

そして、もう1点、これもよく言われるのですけれども、フジテレビの「とくダネ」の報道にて、「私が逃げた」というそのような映像が流されております。これは正確には逃げたわけではないのです。

現在は大阪維新の会の府議会議員だが除団になっておりますので、今団に正確には所属していないんです。当日は、先週の土曜日なんですけれども、取材を受けたのは、いきなり私が街頭活動中のところで、特に取材の申し込み等一切なく、会うなりテレビカメラを回すといった状態で、当然のことながら、私が所属している議員団から、一切の許可も得ていない状況でございました。

取材は、そういった事情もありまして、いったんは、いったんはお断りをさせていただいたんですけれども、残念ながら受け入れてもらえず、許可を得てから取材を受けるということで、いったん立ち去らせてもらったんですが、そこが残念ながら、報道がなされた次第です。

その後、翌日に私は当該番組の取材を受けておりますので、「逃げた」とかそういう報道がなされていますが、そこは正確なところではございまんので、そこはきっちりとこの場をお借りいたしまして、説明をさせていただきます。

なお、現在は当然ながら除団という処分になっておりますので、取材がありましたら、逃げたりそういうことはいたしませんし、現にこのような形での記者会見をさせていただいている次第です。

すべての人格を否定するよう発言を公共の電波で流していいのか

次に、ここからが本題となっておりまして、BPOに私が申し立てを行ったと。刑事告訴の件。そして、維新の会の方への不服申し立ての説明に移ります。

まず、BPOの件に関して申しますけれども、私、日本テレビの報道、「スッキリ」の番組。あの取材は大変よかったと思っております。というのも、いったん私リポーターの、これ安倍さんなんですけれども、取材を土曜日に受けまして、当然団の許可も何もなかったので、いったんお断りをさせてもらったんです。

翌日、再度改めて、団と連絡をとって、それから取材を受けさせてもらいまして、きっちりと正確にVTR上では報道をしてくださいました。その点は深く、当該番組の皆様には感謝を申し上げる次第でございます。

しかし、残念がら私の取材のVTRが流れた直後のことでございますけれども、コメンテーターの一人でございます、テリー伊藤さん。別に私、個人的に好きとか嫌いとか、そういった話はないんですが、その中で私に関しまして、「こいつ、キモイもん」と。あと併せて、「それこそキモイですよね」と。いわゆる「キモイ」という言葉を含む、発言が2回ございました。

私は、当然公人でございます。公人ですので、私が今回やったことに関しての批判は当然受けるべきでございます。また、今回私がやったことに対しても、大いに反省をしている次第です。しかし、だからといってすべての人格を否定するような、そのような発言を、また公人であるテリー伊藤様がですね、公共の電波を使って全国に発信をするということは、一方で許されていいかどうか、ということを私も思いまして、8月12日に、日本テレビにその旨をお伝えをさせていただきました。けれども残念ながら、番組での謝罪等を行わない。そのような通知がわたくし宛にございましたので、同日、BPOに対しまして放送による人権侵害の申し立てという手続きがございます。 これは電話かFAXでできる制度となっておりましたので、FAXにて、申し立てを行った次第でございます。

続きまして、刑事告訴のところについては、私の弁護士をお願いしております、弁護士の西田に説明をお願いしております。

西田弁護士:告訴の件に関しまして、ご説明をさせていただきます。府議の代理人をしております。弁護士の西田と申します。よろしくお願いいたします。

告訴に関しましては、その内容についてですけれども、今回、産経新聞の報道、8日付でされた分に関しまして、山本府議が、下校途中の女生徒に「たこ焼きおごったろか」となんて声をかけて、事務所を招き入れたとというような趣旨の文言が記載をされておりました。

この点につきまして、山本府議に確認したところ、「そのような事実はない」ということであります。 しかしながら、こういう報道がされましたことによって、山本府議の方が、一部、インターネット上でも書かれておりましたが、不審者のような扱い、表現、評価をされております。この部分に関しましては、当然そういう事実がないにも関わらず、こういう報道がされたことによって、府議の方としましても、イメージ、評価の部分で、著しく低下をしておる。これは明らかでございますので、この点に関しまして、名誉棄損ということで、こちらとしても評価せざる得ない。ということで、告訴という手続きに踏み切らせていただいた次第です。

中身に関しましては、今回交野市の教育委員会の方からも、25日の申し入れに関しては、資料提供をしないという旨の文言がありましたけれども、実際には、産経新聞の方には、そういう情報が出ているということから考えますと、交野市の教育委員会の方が、公式に提出されたわけではなく、何らかの意図をもって、産経新聞さんの方に情報提供されたのではないかと。というところに関しまして、こういう誤った行動が今回されたことによって、山本府議としましても、著しい迷惑というか、イメージの低下というものが生じておりますので、そういう情報提供者たちに対して、こちらとしては、きちんと責任をとっていただきたいということで。当然、こちらとしてはその方がどなたかということはわかりませんので、氏名不詳という形で、大阪刑務所の方に告訴させていただいたという形になります。

今後につきましては、県警本部の方とも協議した上で、この件について、どのように対応していくのか。ということについては、今後ということになりますので、現時点でこちらとして行うことについてご報告をさせていただきます。以上です。

山本府議:私からも、その件に関しては補足がございます。私の地元の交野市では、9月7日日曜日に、交野市長選挙がございます。私も候補者の一人と目されております。

本件につきましては、皆様、先日の報道であったり、記者会見でご存じかと思いますけれども、昨年の10月から12月にかけてのいったん、維新の会の府議団と、交野中田仁公交野市長と交野市教育委員会の北田委員長との間で話し合いも持たれております。

その後、半年間の空白期間を経て、今年7月になって急遽私に対して申し入れが行われた。行われたというか、私が正確には受け取れなかったんですが、そのようなことが起きたという次第です。これは何らかの関連性があるのではないか、と私自身は感じている次第でございます。

続きまして、ここは当初私が会見の案内をさせてもらって、大阪維新の会で先日開催されました、党の綱紀委員会での処分に関してのことでございます。

私は先日の綱紀委員会にて、そこでほぼ初めてといっていいほどでございますけれども、 事情聴取が行われました。今回の一連の件についてでございます。その中で、最終的に除団という処分が下されました。

除団という処分が下されたことに対して、私はそもそも何らかの処分は受けるつもりでございます まず、そこはきっちりと申しておきます。処分を一切受ける気がないということはまったくありません。処分はされるべきです。

私、ひどいことをしたのは事実でございます。処分は受けるべきで。しかし、どんな処分で儲けるべきか。それはちょっと違っていると私は思います。過去の維新の会での何らかの処分が行われていますが、具体的に申しますと、府議会の本会議での造反を行ったもの約4名が、即日除団処分になった。

一方で、先日の離党届を出した府議会議員3名につきましてはですね、離党届の受け取りに関してもいろいろな手続きがあって、最終的にいまだに議会本会議場での造反行為があったにもかかわらず、除団といった具体的な処分すら下されていない状況にございます。

そして、私本件、何らかの処分を受けるべきなんですが、しかし、一方で昨年の12月に大阪維新の会の今井幹事長によると、厳重注意にしたということになっております。

私自身、残念ながら、非常に申し訳ないんですけれども、そういった処分を受けた認識は そもそもございません。 当時、今井幹事長によると厳重注意という処分が下されたにもかかわらずですね、それ以降には、今回の件、LINEに関しまして、何か進展等があったわけではございませんけれども、綱紀委員会の決定は、私の処分につきましては除団という処分となりました。

当然私は、何らかの処分受けるべきではございますけれども、除団という処分がはたして適切かどうか。そこに関しては大いに疑問がございますので、8月13日付に私の手元に除団を示す郵便物が到着をいたしましたので、速やかに大阪維新の会の今井幹事長に対しまして、不服の申し出を行わせていただいた次第でございます。

当件に関しましては、橋下徹代表としても「処分が重すぎる」「バランスがとれていない」という コメントが出ておりますので、これまで述べた理由等も考慮いたしまして、不服を申し立てた次第でございます。

私からは以上です。

あわせて読みたい

「山本景」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    総理がメディアに指示? 質疑話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    徴用工めぐる韓国高裁のこじつけ

    緒方 林太郎

  3. 3

    なぜ高学歴なのに低収入になるか

    内藤忍

  4. 4

    民主政権の桜を見る会 今と違い

    井戸まさえ

  5. 5

    山本一郎氏がKAZMAX氏にエール

    やまもといちろう

  6. 6

    31歳東大准教授が日本の若手叱咤

    Thoughts and Notes from NC

  7. 7

    子ども愛せず…高学歴男性の離婚

    幻冬舎plus

  8. 8

    雅子さまがまた涙 視線の先には

    文春オンライン

  9. 9

    森田知事巡る問題に舛添氏が苦言

    AbemaTIMES

  10. 10

    松坂の古巣復帰 西武が折れたか

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。