記事

不当表示に課徴金の「景品表示法改正案」を第187臨時国会に提出へ 2代連続女性の板東久美子長官

画像を見る

[画像]建制順に並んで踊る文部科学省指定職、左から2人目はきょう付けで消費者庁長官に就任した板東久美子さん、トビタテ!フォーチュンクッキー動画からスクリーンショット

 きょう2014年8月10日付で、消費者庁長官に、板東久美子さん(昭和52年文部省入省)が就任しました。先月末で、文部科学審議官を退任していました。

 消費者庁は、第187回臨時国会(来月2014年9月ごろ召集か)に「景品表示法改正案」を提出し、違反企業への「課徴金」を設ける方針を固めました。

 これは、内閣府に置かれている「消費者委員会」の6月の答申を受けたものです。

 内閣府消費者委員会の答申(PDF)→http://www.cao.go.jp/consumer/iinkaikouhyou/2014/__icsFiles/afieldfile/2014/06/10/20140610_toshin_1.pdf

 景品表示法は先の通常国会でも改正していて、例の阪急ホテルなどでのメニュー偽装事件を受け、知事への分権強化など改正をしました。

 夏の読書で気づいたのですが、福田康夫内閣のもと、自民党および野党・民主党(枝野幸男さん、仙谷由人さん=今は元職、小宮山洋子さん=同)らが消費者庁設置法をつくりましたが、その前は、公正取引委員会がその設置根拠である独占禁止法に準じる形で、景品表示法を所管していました。独禁法には課徴金があり、景表法にはなかったのですが、消費者庁の景表法となったことで、同じ経済事件なので、課徴金を課したいという思惑があるようです。これだけだとセクショナリズムに感じますが、消費者主権にむけてがんばってほしいところです。一方、アベノミクスにより、老舗メーカーの選別が進んでおり、資金を調達したうえで、同業他社の合併、設備の更新など収益性の高い体質をつくる必要があり、M&A(企業の新陳代謝)について、公取はもっとやさしくなる時代を迎えました。

 上の画像は、文部科学省が発表した、恋するフォーチュンクッキー(AKB48)の替え歌、トビタテ!フォーチュンクッキーを踊る、文部科学省の事務次官、審議官、局長らです。

トビタテ!フォーチュンクッキー 留学JAPANバージョン / AKB48[公式]

っていうか、なんで役所って、事務次官がセンターで、審議官・局長が建制順に並ぶの?こういうときまで・・・

 もちろん、役所としての安定感はありますが、日本の場合は、入省年次、年齢順にもなるので、硬直性を感じます。この動画は、若者にもっと留学してほしいとPRするのがねらいですが、なぜ踊りを踊ると、留学したくなるのか狙いが不明で、「おどる大臣らを見せて、日本に失望させて、留学してもらおうという自虐戦術ではないか」との見方もあります。

板東久美子長官の前の阿南久長官も女性で、2代連続女性ですが、今回は官僚からの起用。

阿南長官は歌を歌って注意喚起をしました(記者会見要旨)。板東長官は踊りを踊って注意喚起したらどうでしょうか。

また、やはり国民生活センターは頼りがいがあり、消費者庁と国民生活センターの関係性について、ベストなものを求められるます。いずれにせよ、発信力が求められます。

官邸や経産省に負けるな!板東消費者庁を応援します!

あわせて読みたい

「消費者庁」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。