記事

「グノシー」が選ぶトップ記事の耐えられない軽さに見る、キュレーションアプリの未来

グノシーを開いていきなり表示される「トピック」が、なんというかすごい軽くて面白いんですよね。


「いつも体目当ての男性ばかり寄ってきちゃう女性の特徴」がトップ!

たとえば今(8/9 AM8:00)にアプリを開いてみると、「いつも体目当ての男性ばかり寄ってきちゃう女性の特徴」という記事がどどーんと表示されます。朝から何を読ませたいんだあなたたちは。2番目は芸能、3番目は広告ですね。このファーストビューの軽さはなかなか冒険していると思います。

画像を見る

少しスクロールすると真面目なニュースも入ってきますが、やはり全体的に軽い。しょこたん、ロックですね。これは今日だけではなく、毎日こんな感じです。

画像を見る

対するスマートニュースは、安心できるファーストビュー。ヤフトピに近いセンスで、ネイティブ広告も入ってきません。

画像を見る

グノシーのトップに来るような記事は「コラム」にまとまっている感じですね。

画像を見る

おわかりの通り、ぼくはスマホでは基本的にスマートニュースを使っています。グノシーは自分の好みに合わせてニュースを配信してくれる「マイニュース」が使えるので、ここをPCで見ている感じです。スマホアプリはそろそろアンインストールしようかな…。


「色付け」が始まる

恐らくうちのブログの読者のみなさまはスマートニュースが好みだと思います。が、世の中にはグノシーのフィードの方が好きだ!という人もけっこういると思うんですよね。

スマホアプリというメディアの特性を考えると、むしろグノシーのような「軽い」記事が並んだ方が、滞在時間も長くなり、広告単価すらも高くなると思われます。

そういう観点でいうと、グノシーとスマートニュースはユーザー層が違うだけで、どちらかが一強状態になるということもないのでしょう。産経、朝日、読売、日経…と様々な新聞が存在するように、キュレーションアプリ業界もいくつかのアプリが平行して利用されつづけるのだと思います。


ただ、現状だとその割に、各キュレーションアプリの「色」が見えにくいかな、という印象もあります。わかりやすく色がついているのは、経済に特化しているNewsPicks、ライフスタイル雑誌のようなAntennaくらいでしょうか。選別するコンテンツはもちろん、UI/UXで色をつけることもできそう。


近未来としては、意図的に「色」を付けたキュレーションメディアが続々と増えていくのでしょう。

で、「色」を付けようと努力するなかで、次第にオリジナルコンテンツによる差別化も進んでいくと思います。NewsPicks、スマートニュースあたりは、オリジナルコンテンツでグイグイ差別化し、グノシーは引き続き軽めの路線でユーザー拡大していくのでしょう。目が離せない領域ですね。

あわせて読みたい

「ニュースサイト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  2. 2

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  3. 3

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  4. 4

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  6. 6

    政治家「産後うつは甘え」が波紋

    女性自身

  7. 7

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  9. 9

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  10. 10

    英で感染再拡大 封鎖は明言せず

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。