記事

慰安婦もホロコーストも再検証ぐらいできないと世界平和なんて無理

1/4
今、中東のパレスチナ自治区ガザにおいて、イスラエルとパレスチナの過激派組織ハマスとの断続的な戦争が続いています。「事件」とか「紛争」とか言うよりは既に「戦争」のレベルで、断続的な停戦合意をお互いがなし崩しにしてしまったりして、過去の紛争とは次元の違う被害になっている。

この文章を書いている時点ではなんとか停戦合意が暫定的に維持できているようですが、今後どうなるかはまだわかりません。パレスチナ側の死者数は5日時点で1834人(ほとんどが一般市民)、イスラエル側は軍人64人と3人の市民だそうです。

今回の件がいままでと大きく違うのは、「イスラエル側」に対する国際社会の目がかつてないほど厳しいものになりつつあることです。

ニューヨークでは”イスラエルに抗議する在米ユダヤ人”のデモが1万人集まったそうで↓

ユダヤ人ですらこうですから、世界的に「イスラエルいいかげんにしろ」ムードは非常に高まっていて、欧州を中心に、宗教的に中東と無関心ではいられない地域ではイスラエル国家だけでない「反ユダヤ主義」感情も台頭しつつあるとか。

で、今回の「戦争」だっていつまでもやるわけにはいかないし、どこかで停戦することになるでしょう。というかしてもらわないと困ります。

しかし、「停戦合意」というのは、ありていに言えば何かを「ウヤムヤにして終わらせる」ということです。ウヤムヤにせずにいると、毎日死傷者が出続けるんですから、ウヤムヤにせざるを得ない。いや、一刻も早くぜひともウヤムヤにするべきだ。そのための努力は、現地周辺に生きる人達と、現地に既に深く関わってしまっているアメリカや種々の国際機関のやるべきことです。

しかし、ウヤムヤにした停戦は、いずれまた火を吹くでしょう。だから私達は、「ウヤムヤにしない解決の方向性」について、考えなくてはいけません。

そのためには、もっと長い時間軸と広い視野で物事を考えなくてはなりません。

最終的には、「パレスチナ自治区とイスラエルとの間の国境線をどこに引くか」という実務問題に決着するはずです。本当に「根っこの感情問題」が解消すれば、その「実務」はいずれ戦争に嫌気がさした若い世代によって粛々と進むでしょう。

つまり、まわりくどいようでも、その「根っこの感情問題」を、ウヤムヤにせずキッチリ線引きできるパラダイムこそが、今求められているのです。

それを私は、「あたらしいリベラル」ムーブメントと呼んでいます。「リベラルの側からの”戦後レジームの総決算”」と言ってもいい。



非常に巨視的に見てこの問題がなぜこうまでコジレるかというと、端的に言って第二次大戦以降の世界において公式にはユダヤ人にまつわる問題が「アンタッチャブル(一切の批判を受け付けない不可侵の状態)すぎた」からだと私は考えています。

二次大戦中にあまりにも大きなダメージを受けた代償として、ユダヤ人や彼らが持っている志向性に特権的地位を与えられてきた。その「特権性」があまりにも大きいから、それに対向する側に強烈な感情がかきたてられることになります。

結果として、「その地域に地続きに本当の利害を持っている人」とは全然関係ないレベルで世界的な感情問題を引き起こしてしまい、イスラエルに対立する過激派組織には際限なく資金が流れ込みますし、実際に危機と隣合わせのイスラエル人はやはり常に「やりすぎ」てしまうことになります。

世界における「ユダヤ人的志向性」への「不可侵さ」が弱まれば、人類が抱える感情的対立の「根っこ」がほどけてきて、世界中から「反イスラエル」過激派への資金援助が集まることもなくなり、自然な形で問題は終結するでしょう。

何も私はホロコーストがなかったとか言うつもりはありません。しかも”あの”ドイツ人が政策課題として「やるぞ」と決めてやったことなんですから、相当な規模で悲惨な事件があったのだろうと思います。

あわせて読みたい

「戦争」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    体操内村の偽陽性報道 医師異論

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  3. 3

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  6. 6

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  7. 7

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  8. 8

    橋下氏「毎日新聞は公選法違反」

    橋下徹

  9. 9

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。