記事

空振り

 マレーシア航空機撃墜等に関して、対ロシア制裁が新たに発表されました。まず、最初に行っておきますが、マレーシア航空機撃墜、その実行犯であろう親露派は、私は非難すべきだと思います。その前提で読み進めてください。

 4月に「ウクライナの主権と領土の一体性の侵害に関与したと判断される計23名」への査証発給停止が発表されていましたが、今回、それに加え、クリミア自治共和国及びセヴァストーポリ特別市のロシア連邦への「併合」又はウクライナ東部の不安定化に直接関与していると判断される者として我が国が指定する40個人及び2団体に対する資産凍結等です(ココ )。

 簡単に言うと、誰も切られる人がいない空振りの制裁です。何とか北方領土交渉に影響が出ないように、一見「資産凍結」といったお題目として大きそうに見えるけども、その実、生身を切るような部分はゼロというところに苦心して仕立て上げたということだと思います。

 私、昔、タリバーン制裁を担当していたことがありまして、ともかく苦労しました。イスラム圏の方の名前は似通っていること、アラビア語の名前はアルファベット表記に複数の可能性があって、一つ違うと漏れてしまうこと等、色々な苦労がありました。

 前者については、制裁を発動したら、千葉にお住まいのパキスタン人の方が同名で引っかかってしまったらしく、とある銀行から「激昂したパキスタン人の方が窓口におられるのですが...。」と電話があり、財務省に繋いだ記憶があります。後者については、「ムハンマド」という名前だと「Muhamad」「Mohammed」等、少なくともバラエティが相当数あって大変なのです。幾つか並べて「この中のどれかのはず」という指定の仕方では、銀行実務が混乱するのです。

 そんな余談はともかくとして、今回、意図的に「空振り」をしているのであれば、一番重要なのは「空振りなんですよ」ということを正しくロシア側に伝えることです。しかし、ロシア側の反応を見ていると、日本の制裁を批判しています。しかも、「非友好的で近視眼的」とかなり強い非難声明です。

 折角、制裁強化を打ち出している欧米との関係で「弱腰」と言われるリスクを取って「空振り」したのに、それが「非友好的で近視眼的」と言われているのは、正しく意図が伝わっていないのではないかと思うわけです。コミュニケーションのルートが目詰まりを起こしているのであれば、日本の「空振り」は誰からも評価されない愚策であったということになります。

 なお、私はマレーシア航空機撃墜事件は非難すべきものだと思いますし、それに対するロシアの親露派への支援も事実だと思います。ロシアは非難すべき対象だと思います。しかし、日本政府として、それをあえて押し切って「空振り」をするという決断をした以上は、それを正しく使いきれていないとすれば、外交上、何の得もないではないかというのが、今日のエントリーの趣旨です。

あわせて読みたい

「マレーシア航空機墜落事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    企業の短命化で「高学歴」が仇に

    内藤忍

  2. 2

    堀江氏「ヤクザはグイグイくる」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  4. 4

    山本太郎氏の演説は人を酔わせる

    早川忠孝

  5. 5

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  6. 6

    橋下氏がネット番組批判「虚偽」

    橋下徹

  7. 7

    はあちゅう AV男優の夫もつ心境

    AbemaTIMES

  8. 8

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  9. 9

    上田晋也の政権批判番組が終了へ

    女性自身

  10. 10

    G20の日韓会談「何も決まらず」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。