記事

特許の調べ方-グーグルパテントが便利すぎる!米国特許を調べるならまずコレ

リンク先を見る

特許制度は世界各国で導入されています。そして先進国では特許公報のデータベースが充実しています。条件検索やあいまい検索もできます。でも検索しなれてないと、時間がかかります。

そんなときはグーグルパテントがおすすめです。特許番号などをググれば公報が見れるすぐれもの。ホント泣けてきますね、便利すぎて。そこでグーグルパテントの使い方をザックリご紹介します。

1.グーグルパテントで検索

グーグルパテントは、普通のグーグルからも検索できます。検索ウィンドウにうっすら「特許を検索」と表示されているはずです。このウィンドウに米国の特許番号(や出願番号)を入力します。

リンク先を見る

2.入力した特許番号で検索する

特許番号(や出願番号)を入力すると、その番号にヒットする特許公報をリストアップしてくれます。一番上に表示されているのが検索した特許番号の公報です。それ以下に表示されているのは、この検索した特許公報が引用文献(特許性を否定する文献)になっているものです。

リンク先を見る

 3.特許公報を開き翻訳機能を活用

ここでグーグル先生の翻訳機能をつかいます。直訳なので変なところはありますが、英語でがんばる前に、日本語でザックリ理解しておくとだいぶ違います。

リンク先を見る

 4.PDFファイル(特許公報)をダウンロード

右上のほうに「PDFのダウンロード」というボタンがありますので、PDF形式のデータが欲しい場合はこちらを押すとダウンロードできます(グーグルクロームの場合、左下隅にダウンロード結果が表示されます)。

リンク先を見る

≪まとめ≫

アメリカの特許はアメリカの特許商標庁が公開しているデータベースでも見れますが、やはりグーグル先生は便利ですね。特許番号や出願人などピンポイントで調べたい特許がある場合はおすすめです。

2014年8月4日

著者 ゆうすけ

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。