記事

中国で日本人AV女優に卵が投げつけられた原因

8月2日に、中国遼寧省大連市で開催された大人向けグッズの展示会で、ゲスト出演していた日本人AV女優が卵などを投げつけられるという事件がおこりました。

1 記事の紹介


 これについて『環球網』が「环球今日评:AV女优来华淘金,早晚要挨臭鸡蛋」という記事を掲載しており、いろいろ興味深かったので、これについて少し。

 最初に記事を翻訳したものを簡単に紹介させていただきます。

 大連の成人展で日本人AV女優が現地市民から卵を投げつけられて抗議される写真は、ミニブログで話題となり、ネットでは喝采が寄せられた。

 この数年、中国では日本人AV女優が日本より中国で人気があるという変なことが起こっている。その代表は蒼井そらだが、彼女たちと中国の伝統文化は対立しており、日本人AV女優が中国で金を儲ける以上、こうした問題は早晩おこる問題だった。

 蒼井そらが「空先生」として、中国で成功して以来、日本人AV女優が、成人展などで、中国に金儲けのために来るようになった。

 AV文化が中国に“侵入”した原因は複雑だ。これは中国社会の厳粛さと関係があり、中国文化は保守的で有名だったが、AV女優は気楽な話題で、話題としやすかった。また、国民には反抗心があり、日本のAV女優を支持しながら、中国の伝統文化を風刺するというのもあったろう。

 中国人の小さい頃からの性教育不足が原因とする人もいる。中日関係が比較的緊張していたので、蒼井そらなどの民間交流で、雰囲気を調整しようというものもあった。

 いろいろ言い訳はあるが、事実として、AV女優文化は中国の伝統の文化と衝突するものだ。金で色を売ることは、どこの国でも名誉とされておらず、日本国内ではこうした人は差別されている。ところがこうしたAV女優が中国では、中国人が支持する“スター”になっている。

 中国の伝統文化は依然として力を持っており、これは文化の衝突がいろいろな形で爆発することを意味する。

2 蒼井そら



 これまで何度か触れたことがありますが、中国人は蒼井そらが大好きなようです(中国で、どれだけ蒼井そらが人気かよくわかる写真)。

 尖閣諸島問題で日中関係が緊張したときも、「釣魚島は中国のものだ、蒼井そらはみんなものだ」という横断幕があったときは、何を考えているのかという感じさえしました(「尖閣諸島は中国のものだ、蒼井そらはみんなものだ!」?)

 こうしたこともあり、最初正直私は「誰その人」という感じだったのですが、中国で大人気ということで、今ではすっかり覚えてしまいました。

 彼女の場合、マイクロブログなどで中国語であいさつしたり、習字で書いた漢字を披露したりしたことが中国人の関心を引き、大人気となったようです。


3 伝統文化



 記事では、「中国の伝統文化」とか中国が保守的とかいろいろ言っておりますが、どこの国でもエロは受けるという話で、特にこうした映像が制限されている中国では、日本のAVが新鮮に見えたという話かと思います。

 実際、金と暇を持て余した富裕層は最後は食とエロに走るという話で、中国でも『金瓶梅』などにそれが良く表れており、中国の伝統文化とこうしたものが衝突するとは思っておりません。

 ただ、共産党一党独裁の新中国が成立して以来、こうした方面が制限されてきたことは確かで、それが改革開放及び急激な経済発展に伴い、制限しきれなくなり、いろいろ起こっているという話かと思います。


4 蔑視



 実際問題、日本でもこうしたAV女優に対する蔑視というのは存在しますが、中国でもそれは同じです(AV嬢は「AV脳」になるから危険と中国紙が報道)。それが今回こうした形で表面化しただけなのかもしれません。

 性を売り物とする女性を好ましく思わない方々がいることは確かで、蒼井そらの成功から、いつの間にか文化人、女優という感じで中国に受け入れられたと思っていても、やはりそう思っていない人は結構いるという話かと思います。

 中国で、こういうことが起こる原因の1つとして、中国も日本と同様本音と建て前が要求される社会という面があるかと思います。

 つまり、本音では、性を売る商売女と馬鹿にしているわけですが、「女優」としてもてはやされていると、普段はこうした意見を自由に出すことができません。そこでたまった不満がある日急に爆発するという形で極端な抗議活動として現れるのではないでしょうか。


5 最後に



 日本人は普段おとなしいか急に怒り出すと思っているアメリカ人は多いようですが、私はこれは別に日本人だけに限った話ではなく、中国人でも同じような傾向があるかと思います。

 ただ、中国人の場合、以前は結構外国人相手には遠慮していたので、こういう傾向がありましたが、最近では別に外国人が珍しくもなくなってきたので、結構言いたいことは言うようになってきている様です。

 そのため、いきなり急にというのは減ってきているような気がしていますが、反日デモを見てもわかるとおり、爆発すると手におえない人が多いということは、それだけ普段からため込んでいるものが多いということでもあるかと思います。

あわせて読みたい

「AV女優」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  6. 6

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  7. 7

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  8. 8

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。