記事

【ガザ発】 イスラエル軍、国連避難所攻撃の真相

画像を見る

夜明け前に砲撃で破壊された教室。ここに数十人が寝ていた。=7月30日、UNRWAの小学校・ジャバーリヤ 写真:筆者=

 イスラエル軍による国連避難所への爆撃が止まらない。3日もラファの避難所(小学校)が砲撃され10人が死亡、数十人が負傷した。

 同軍広報は「近くからロケット弾が発射されたため撃ち返した」と発表する。日本のマスコミは発表を垂れ流す。

 だが、事実はイスラエル軍の発表とは違う。ある避難所(小学校)の責任者を務めるUNRWA(国連パレスチナ難民救済機関)のスタッフが真相を明らかにした。次のような手順だ―

画像を見る

イスラエルのガザ侵攻ほど国連の無力さが露呈されることはない。=UNRWAの小学校・ラファ 写真:筆者=

1)避難民を受け入れてよいものか、どうか。イスラエルにお伺いを立てる。

2)イスラエルがOKを出せば、門を開けて受け入れる。

3)イスラエルがNOと言って拒否した時は避難民を受け入れることはできない。爆撃が激しくなっているからだ。あるいは間もなく激しくなるからだ。

 好意的に解釈すれば、避難所への移動中に砲弾に当たるのを避けるため、ということになる。

 受け容れさせておいてどうして爆撃するのか? というのがUNRWAスタッフの憤りだ。

 「避難所の地図もイスラエル軍に渡してあるのに・・・」。UNRWAスタッフはまるで筆者を叱りつけるかのような口調で言った。

 イスラエル軍の避難所攻撃は意図的であることが、UNRWAスタッフの証言からも明らかになったのだ。

 イスラエルは国連をナメているのか、UNRWAがハマスと関係があると見ているのか。

 はっきりしていることは、この先も国連の避難所(UNRWAの小学校)が爆撃される、ということだ。

 ガザ市内にあるUNRWAのヘッドクオーターは、2008~2009年の大規模侵攻の際、爆撃された。

 今回の戦闘で現場のUNRWAスタッフ9人が、イスラエル軍により殺されている。現地採用のパレスチナ人だからだろうか。



『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「イスラエル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  3. 3

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  6. 6

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  8. 8

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  9. 9

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  10. 10

    インク業者のキヤノン提訴に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。