記事

「若者が弱い」ことをなぜ我々は認められないのか

■まだ「啓発」が必要か

工藤啓さんと西田亮介さんの『無業社会』という本が話題なのだそうだ。

15~39才の「若年無業者」は、いまなんと483万人もいるらしい。

同書では、それら若者たちが怠惰が理由で働いていないわけではないということを、たくさんのデータを元に論証している。

僕は、この種の啓発本を見るたびに思う。

それは、483万人もいて、ひきこもりやニートといった若者の問題が表面化して10年たち、若者サポートステーション等に多額の税金が導入されてこれまた10年近くたつというのに、「若者は怠けているわけではない」といまだ啓発しなければいけないのはなぜなのか、と。

まさか500万人近くがいるとは誰も実感できないのかもしれない。が、ひきこもりやニートという言葉は、世間に定着するようになって久しい。

けれども、サポステの認知度は6%だという(僕のこの記事「サポステがあぶない?」等参照)。

そして、工藤・西田本のような、「まだそれをテーマに語り続けなければいけないほど、世間では若者問題の認知度は低いのか」と、僕などは思ってしまうテキストが話題になる。

若者問題はそこにある。そしてサポステは全国に160ヵ所あり、サポステ以外にも様々な行政施策(たとえば僕の法人officeドーナツトークも実施団体である「大阪府・中間的就労のばづくり事業」など)が展開されている。

それなのにまだ、若者問題には「啓発」が必要なのだろうか。

■「若さ」はなんでも克服できる

言い換えると、若者問題は、一般的にはまだ「問題」ではないのだろうか。

500万人近くも問題を抱える人がいて、サポステには年間40億円もの予算が使われ、「ひきこもり」「ニート」といった言葉がマイノリティの言葉として定着したというのに。

僕のような若者支援のどまんなかにいる人にはその意味があまりわからないが、これだけ啓発本が出され続けるということは、問題としては重要なわりに、世間がまだそれを「問題」としては認めていないようにも思える。

その理由は、もくしかして、単純に「若者嫌い」なのだろうか。

または、単純に「若さへの嫉妬」なのだろうか。

いつの時代も「若者」という存在は、社会の中心年代(40~60才)から「最近の若者はダメ」的扱いを受ける。

その背景には「若さへの嫉妬」があるといってもいいと思うが、若者が実態として「弱者」になったいまも、「若さ」という概念は、その「弱者」という概念を退けるほど、社会の中心年代からすれば「嫉妬」の対象となっているのだろうか。

経済状況の大変化から、若者が「弱者」に陥ったことは理解できる。が、それがすぐに「若者は支援の対象である」と受け入れることにはつながらない。

なぜなら、「『弱者』に陥らせた(経済的社会的)環境を、『若さ』がもつパワーは克服することができるのではないか」と、社会の構成員の多くはなんとなく抱き続けているから、ではないだろうか。

■「若さ」もひ弱なものになる

「若さ」は、それだけの輝きをもった言葉だ。あるいは概念だ。

「若さ」は、思春期の痛みや挫折等を抱えるのかもしれないが、それはいつか「自力で克服できる」と捉えられてしまう、ある種の「偏見」に彩られた概念だと僕は思う。

言い換えると「若さ」とは、「若者は『弱者』になるはずがない」といつまでたっても思われてしまう、強力なイメージをもつ概念なのではないだろうか。

が、事実として若者は弱者になっている。

そのためには、工藤・西田本のように弱者化したデータを並べ続けるとともに、そもそも「若者」のような力強い概念であっても、状況によっては、その力強さはひ弱なものになるということを、概念を検討する分野(たとえば「哲学」)は訴えなければならないと僕は思う。★

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「若者論」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  2. 2

    倉持由香 給付金100万円受け取り

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    AppleMusic停止 異例の抗議行動

    跡部 徹

  4. 4

    都の方針に歌舞伎町経営者が怒り

    BLOGOS編集部

  5. 5

    きゃりー父「投稿に責任を持て」

    文春オンライン

  6. 6

    神の業? コロナ直面のイスラム教

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナで着目すべき「血液凝固」

    大隅典子

  8. 8

    ユニクロ参入でマスクバブル終焉

    NEWSポストセブン

  9. 9

    アパレル倒産 コロナ前から兆候

    南充浩

  10. 10

    暗号資産に麻生節「名称が悪い」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。