記事

災害対策基本法改正案を第187臨時国会に提出へ 国交省・県庁も災害時にクルマ撤去権限で「前へ!」

1/2

 災害時に放置されたクルマを、警察官・消防士・自衛官のみならず、道路管理者である国道交通省・県庁などにも撤去する権限を与える「災害対策基本法改正案」が第187回臨時国会(2014年の9月・10月ごろ召集)に提出されるかもしれません。2014年7月25日付読売新聞が報じました。

道路管理者のほか、保守を委託されている高速道路会社なども、レッカー車などを使って撤去できるようになる見通しです。ただ、憲法29条「財産権」の但書「私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用いることができる」にもとづいて、放置されていた車に傷がついた場合の補償などの法整備は検討中で、法案提出に間にあわない「二段階改正」の可能性もありそうです。

 「前へ!東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録」(麻生幾、新潮文庫)は、震災国会(第177回通常国会)で、公明党の高木陽介・衆議院国土交通委員が進めていたので気になっていたのですが、文庫版が出たので、読んでみました。

 国土交通省の出先機関、東北地方整備局の3000人を束ねるトップだった、徳山日出男局長が、災害対策室で、東日本大災厄(東日本大震災)発災直後に、阪神大震災とはまったく違う津波型震災が来ると気づき、災害対策室のマイクを握り、混乱する部下たちに「ちょっと聞いてくれ!おそらく経験したことがないような地震が来た。おちついて各自の役割を果たしてほしい」と呼びかけます。

 その後、同局が1機のみ持つヘリコプターが離陸し、情報を集めている間に、離陸した仙台空港が津波で水没したり、電話した道路事務所長が「詳細は不明だし、そもそも町長の行方が分からない」と繰り返すなど未曾有の災害の実態が明らかになっています。

 夜、本省の大畠章宏・国土交通大臣とのテレビ会議が始まるやいなや、徳山局長は「阪神淡路大震災とは違います。津波型災害を想定すべきです」と進言すると、大畠大臣は「すべて任す。国の代表と思ってあらゆることをやってくれ!」「とにかく人命救助を最優先してやっていただきたい!」と、全権委任を取り付けます。

 そこで、徳山局長は再び災害対策室のマイクを握り、「みんな聞いてくれ!無駄な動きは致命傷となる。内陸部の災害にいちいち対応すべきじゃない。重要な被災地を見誤る。目標は、太平洋沿岸部の都市だ。明日から、人命救助と救援のルートを確保するため、そこへ向かう道(国道)を、我々は啓開によって開ける!今からその準備を徹夜で行ってほしい!明日からが勝負だ!」と語ります。

こうして2011年3月12日の夜明けからの、東北自動車道の「啓開」とそれに接続する国道を、太平洋沿岸に向かって啓開する「櫛の歯作戦」によって、陸上自衛隊が被災地に行き、東日本大震災福島第一原子力発電所の原子炉の冷却作業もできることになりました。

 2009年9月17日の民主党政権発足以来の「行き過ぎた政治主導」は、国土交通省においては、2011年3月11日の大畠大臣の徳山局長に対する「国の代表と思ってやってくれ!」の一言で、正常化されました。

 その後、きょねん2013年8月1日付で、徳山さんは本省に戻り、道路局長となりました。また、同日は偶然にも、野党・民主党の大畠章宏幹事長の就任後最初の定例記者会見があり、そのとき私が撮ったのは、上の写真です。

 民主党と道路局長は浅からぬ縁があり、第169回通常国会(ガソリン値下げ国会)では、冬柴鉄三大臣(故人)を支える、宮田道路局長がターゲットになり、首相、財務相、国交相らとともに、政府参考人ながら答弁回数ベスト5に入りながら、閉会後、退職しました。

 徳山道路局長は1年足らずの2014年7月8日付、で技監に昇進。事務次官は事務系(文系)であり、技術系(理系)職員としてはトップになりました。また、同省事務次官は、3人に1人の割合で技監が昇格していますが、徳山さんの前2代の技監は事務次官になっておらず、次の事務次官は技監からの昇格の可能性が高いといえそうです。

 徳山さんが道路局長として、答弁した第186通常国会の本予算審議の分科会で、自民党1期生の安倍チルドレンから次のような質問をしました。

[国会会議録データベース(2014年2月26日の衆議院予算委員会第8分科会)から引用はじめ]
 「同じ道路の質問ですけれども、地元ではございません。地元ではないんですけれども、質問をさせていただきます。(略)我が党の幹事長であります石破衆議院議員が地元に行ったときにどのような発言をしたかという記事でございます。国道百十三号をもっとよくしなければならないと語り、(略)石破氏は、日本海側の道路や鉄道整備が太平洋側と比べておくれていることを踏まえ、国道百十三号はもっとよくしなければならない(略)これは選挙前でございますので、選挙後に自民党は何かしてくれるんじゃないかということで大きく期待しているのが、地元の実際の心情だというふうに私自身も思っているところであります。(略)幹事長が行って約束しているわけですから、友党の公明党の大臣にも、我が党の幹事長がこういうふうに地元にて発言をしたんだということをぜひ御理解いただいて、そして副大臣、政務官には、我が党の幹事長がこれだけの発言を地元に行ってしているんだということを踏まえて、この国道百十三号の今後の進捗をぜひ図っていただきたいというふうに思うんですけれども、いかがでしょうか」

[引用いったん終わり]
 この1期生は、太平洋岸選出ながら、自民党幹事長の選挙時の公約を実現するよう、連立与党・公明党の太田昭宏国土交通大臣に約束してほしいと迫ったのです。

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  10. 10

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。