記事

WonderShakeの半端ないメディア露出とその秘訣

ここまで騒がれるスタートアップは国内では初めてでは。

業界大御所TechCrunchJapan
[jp]TECLOSIONで優勝したWondershakeが本日いよいよ登場。

ご存知TechWave

世界を変えろ→あの「Wandershake」が渋谷と恵比寿限定でサービスイン【増田(@maskin)真樹】 : TechWave

クリエイティブなアイデアを紹介するウェブマガジン、greenzテック系クラスタとは違うイノベーター層にリーチできる貴重なメディアです。かなりモリさんの感性だったりしますが笑、ここに載るスタートアップはどれも面白いです。
その場、その瞬間のワクワク度を向上させる!人と人のつながりを生み出すサービス「Wondershake」

こちらはマス媒体寄りでCNET

“いまここにいる価値”を最大化する--Wondershakeが公開

Teclosionで最優秀賞を取っているということもありますが、ここまで一気に掲載されるのはホントにすごい。

鈴木君とはソーシャライズ!で一緒にお仕事をしたりと、一年半以上のゆるいお付き合いを続けさせて頂いてます。
僕が知る限り、彼は非常に強力なリーダーシップを持っています。夢を描き、周囲に伝える力は、僕の知る起業家の中でもトップクラスと言って良いでしょう。彼に会ったことがある方なら分かると思いますが、一緒にいるとこっちまで目がキラキラしてしまいます

というわけで、僕はすっかり彼に魅了されている人間の一人となっています。
今回記事を書いたライターの方々も、鈴木君の人間性に惹かれて思わず筆を執ってしまったのでしょう。
ライターとして声を大にして言いたいですが、何かを紹介する時、筆は共感で動きますサービスにかける「想い」は、資金も人脈もないスタートアップにとっては、最も重要なアセットと言えるでしょう。青臭いようですが、その重要性はWonderShakeが十分すぎるほど示してくれています。

本気の想いがあればウェブサービスは成功する、という素晴らしいロールモデルとなることを期待しています。きっと彼と彼のチームならやってくれるはずです。新しい文化を創るため、エヴァンジェリストとしてサービスを利用していきたいと思います。

彼の想いが籠った強烈な記事をぜひご一緒に。いやー負けてられませんね!
おれは人生を通して世界中でまだ出会えていない人同士を繋げたい。
今まで見えなかった情報同士を繋げたい。
繋げることで、驚き、喜びが生まれるケミカルリアクションを起こしたい。
そんな毎日を創り上げる人間になりたい。これを一生やりたい。絶対にやりたい、そう感じました。
自分達が作るWondershakeももちろんそれを体現しています。
Wonder Shake: 【旅】2010年を振り返って

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。