記事

ついに発売へ> Toshl 「洗脳 地獄の12年からの生還」 A New BooK by X JAPAN Toshi "Brainwashed - Surviving 12 years in the Abyss of Mind-control"


セミナー団体「ホームオブハート」(現在の法人名は「フィールド」)及び、その主宰者”MASAYA”こと倉渕透(くらぶちとおる)の被害者である、X JAPAN のToshiさんがが、ついに、当時の置かれた状況などについて、赤裸々に語った本を出版することになりました。

名付けて、「洗脳 地獄の12年からの生還」(講談社)です。

紀藤も、あとがきを書き、そして帯に、推薦のコメントを寄せました。

ぜひお読みください。

カルトによる被害に、被害者がどのくらい深刻な状況に置かれるか、その被害が、いかに交通事故の被害のように、いきなりの出会いと偶然の積み重なりから起きるのか、そして、マインドコントロールの進行に伴い、今度は被害者が新たな加害者となっていき、そして団体を支え、新たな被害者を生んでいってしまうのか、といった、プロセスが、1997年のX JAPANの脱退と解散、HIDEの死とも絡み合い、まるで映像のようにリアルな筆致で語られる、真の好著です。

これまでの類書にないものです。

世界的に著名なロックボーカリストとして、Toshiの生き様すべてが、彼の苦しみと悲しみとともに語られた本書は、読者に多くの感動を与えるだけでなく、今のToshiの元気な姿が、ホームオブハートだけでなく、多くのカルトの被害者に、勇気を与えてくれると思います。

・ Toshi OFFICIAL=Japanese
・ Toshi OFFICIAL=English
 

■内容紹介

自分はなぜ洗脳集団に絡め取られてしまったのか。
それを解き明かすために、Toshl自らが、振り返る苦痛を乗り越え、自分の弱さを見つめ、洗脳集団ホームオブハートの残忍な手口のすべてを赤裸々に語る。

1997年、X JAPANの脱退と解散。HIDEの死。
妻と、ホームオブハートとの出会い、巧妙な勧誘。執拗な暴力と罵倒による洗脳、呪縛、搾取。脱会の決意と戦いの日々。
X JAPANの再結成、そして今……。


■著者について

Toshl

1965年千葉県館山市生まれ。幼なじみのYOSHIKIと共に小学生の頃からバンド活動を始め、ヴォーカリストとなる。高校時代に結成したXは、その後ライブハウスを中心に徐々に人気を集め、’89年、CBSソニーからメジャーデビュー。奇抜なルックスと高い音楽性は熱狂的な支持を集め、’92年には世界進出を目指して、X JAPANと改名し、タイム・ワーナーと契約。しかし、’97年、自ら脱退し、バンドは解散。その背景には、自己啓発セミナーを主催するホームオブハートの残忍な洗脳があった。長いマインドコントロール期間を経て、’09年、ホームオブハートの支配下から完全に脱却し、’08年以降、復活したX JAPANのメンバーとしても、ソロ・アーチストとしても活動している。 」

単行本: 276ページ
出版社: 講談社 (2014/7/24)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062186578
ISBN-13: 978-4062186575
発売日: 2014/7/24

{参考}

・紀藤のホームページから→ホームオブハートの実態

あわせて読みたい

「マインドコントロール」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  2. 2

    韓国の親日美人議員を北が罵倒

    高英起

  3. 3

    安倍首相による平和賞推薦に疑問

    舛添要一

  4. 4

    統計不正は森友と同じ忖度行政

    岸本周平

  5. 5

    辺野古の賛否問う県民投票に疑問

    MAG2 NEWS

  6. 6

    日本=悪者 韓国のフェイク教育

    NEWSポストセブン

  7. 7

    林修 ブレイク6年目も消えない訳

    文春オンライン

  8. 8

    「ダメ、ゼッタイ。」が生む偏見

    WEDGE Infinity

  9. 9

    コメ生産で日本の技術求める中国

    WEDGE Infinity

  10. 10

    医師と患者で差「完治」の解釈

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。