記事

新国立競技場について(建築家・森山高至さんへの反論、東京新聞の偏向報道について、など)

1/2
約一月前に「新国立競技場は建築設計コンペで最優秀賞に決定したザハ・ハディド案で建てなければならない――建築家の槇文彦氏を批判する」というブログ記事を僕は書いた。そして、これがBLOGOSに掲載されるや否や、思ってもいなかったような大きな関心を呼んだので、正直、かなり驚いた。更に、某出版社から取材の依頼が来るなどの謎めいた展開になって、匿名ブロガーの僕としてはちょっときついかもです(笑)。ま、いずれにせよ、その背景となっている理由などは後述するが、改めてBLOGOSの影響力を実感した次第です。(尚、その記事に関するツイッターでのやりとりは「新国立競技場はザハ・ハディド案で――建築家の槇文彦氏を批判する、へのコメント」のtogetterにまとめた。)

さて、3日前(7月20日)に「「新国立競技場は建築基準法に違反してしまう」 建築家・森山高至さんが指摘する「基本計画案」の問題点」というインタビュー記事がBLOGOSに掲載された。 建築家・森山高至さんとは今回の「新国立競技場」の騒動が始まるずっと以前からツイッターで懇意にさせて頂いているのだが(とても尊敬しています)、私心はともかく、簡潔に反論しておきます。

まず第一に「新国立競技場は建築基準法に違反してしまう」という指摘については、その記事の意見欄でk_endoさんが述べているように「エントリ主は、如何にもこのままでは違反建築物が建築されるような印象を与えておりますが、まだ計画通知も提出、審査されていない状況において、違反性を喧伝するのは言い過ぎ」であると僕も思います。また、建築家の奥野正美さん(@okunoao)はツイッターで「屋根の不燃性と建ぺい率か。その程度のことなら、大臣認定、性能検証法、都市計画の変更等で対応可能」と述べています。その通りだと思います。ま、屋根の不燃性に関してはまだちょっと未知数なところがありますが、建ぺい率(人工地盤)の問題についてはすぐ解決できるでしょう。

リンク先を見る
新国立競技場完成予想図(案)

そして第二に森山さんがその記事で「古い施設を再利用してはどうか」と提案されていることについてです。これは現在建っている「国立競技場」(1964年の東京オリンピックの競技会場として建設された)を改修して使ってはどうかという提案なのですが、はっきり言って無理です。ツイッターでは@gelsyさんが割と早い時期から「無理ゲー」であると述べています。また、建築家の片山惠仁さん(@YOSHIMASAKATAYA)もツイッターで「日経アーキに国立競技場が載っていたが。既存の躯体の中性化反応をみるとかぶり部分が全てフェノール反応しちゃう感じの写真が掲載されてて、一寸なんなのこれ」と述べています。更に、k_wotaさんもツイッターで「日経アーキの7月10日号 『特集 迷走「新国立」の行方』が出て以来、建築関係者には「現国立を改修して使うとか、絶対に無いな」というのは、ほぼほぼコンセンサスとなった気がする。一般の人にも伝えたほうが良いと思うのだが、さて」と述べています。

リンク先を見る
日経ア-キテクチュア(7月10日号)(左)、久米設計による改修案(右)

「国立競技場」の改修案については、2011年3月に久米設計が制作していた改修案(PDF)、先々月(5月12日)に建築家の伊東豊雄さんが発表した改修案(PDF)、先月(6月25日)に建築家の大野秀敏さんが発表した改修案(PDF)などがあるのですが、いずれにせよ、現在の「国立競技場」を改修して使うのはそもそも無理なのです。ついでに、建築家の大野秀敏さんの案は「洋梨型」という大変にユニークな形をしているのですが、@Komabanoさんはツイッターで「Facebookの陸上競技場コミュニティで伺ったのですが、やはりそもそもダメなようですね。大野秀敏は投てきや跳躍系の種目を五輪向け改修時の国立で設ける、洋梨の突起部分に置きたいようですが、陸連の規則では「1-2コーナーの外側にフィールド競技施設を置いてはいけない」そうです。……とまあ、こんな感じで、森山高至氏がご推薦の大野秀敏・国立改修案は、実現性に欠けたものという判断になりました。とにかく、陸上競技場を作るのにその基本すら抑えてないのは、根本的にダメでしょう」と述べています。

リンク先を見る
建築家の大野秀敏さんの改修案(PDF

というわけで、森山さんへの反論はここまで。

では次に、冒頭に書いた、僕が約一月前に書いた記事が大きな関心を呼んだ理由について。僕なりに考えてみたのですが、おそらく「新国立競技場」のザハ・ハディド案を支持(賛成)する意見があまりにも少なかったからだと思います。その理由は大きく2つあると思います。まず第一に、世界最高峰クラスの建築家である槇文彦さんが先陣を切ってザハ・ハディド案に反対されたということです。この空気感(ニュアンス)は建築関係者以外の方にはちょっと伝播しづらいかも知れませんが、槇さんと言えば、世界中の建築家や建築学生の「憧れの的」なのです。スーパースターなのです。ま、僕自身はちょっとひねくれ者なので(笑)、どちらかと言えば、レム・コールハースのような「ダーティ」な建築家を好むところがあるのですが、それでも、僕が建築学生だった頃は、槇さんが設計した建築を全国中、見て回ったりしてました。実際に訪れてみて、槇さんが設計した建築の素晴らしさに僕なりにも感動したものです。でも、それゆえに、今回の「新国立競技場」の件に関しては大きな弊害が生じてしまうのですね。

そのことを端的に表現した記述があります。先月(6月25日)に発売された宇野常寛編集『静かなる革命へのブループリント――この国の未来をつくる7つの対話』の本の4つ目の対談の『2020年・東京デュアルシティ化計画――メガシティの分断が生む新しい公共性』の中で、今回の「新国立競技場」の件について、建築学者の門脇耕三さんはこう述べています。「この問題は、建築界ではほとんど踏み絵のようになっています。あの建物を否定しないと、建築家とは呼ばせないぞという雰囲気。こうしたクリエイティブとは呼びがたい議論には、強烈な違和感を持っています」と。ま、これはあくまでも建築界の空気感(ニュアンス)についてなので、はっきりとした輪郭はないのですが、これが「新国立競技場」のザハ・ハディド案を支持(賛成)する意見が非常に少ない理由の一つではないかと僕は考えます。

あわせて読みたい

「新国立競技場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    病床使用100%超も「4月と違う」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  4. 4

    「土下座像」に韓国政府も不快感

    NEWSポストセブン

  5. 5

    インバウンド復活は2~3年必要か

    Chikirin

  6. 6

    ひろゆき氏 radikoの戦略に疑問

    ABEMA TIMES

  7. 7

    支離滅裂な安倍政権に高まる不信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    2週間後危機の予想 なぜ外れるか

    永江一石

  9. 9

    PCRを巡る対立 政治思想と親和性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    吉村知事 お盆自粛ならGoTo中止

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。