記事

今だからこそ世界最先端に生まれ変わろう ―日本復興計画その1

1/2
私達は、いま原爆が投下され、焦土と化した戦後直後のような状況にあります。

大震災はまるで大空襲の後のように街々を押し流し、まるで爆撃を受けたように原発は煙を上げ、放射性物質をまき散らしています。東日本大震災は、多くの人々の、あるいは肉親の命を奪いました。おそらく3万人を超えるでしょうが、未だにその人数さえ確定できません。

緊急に取り組まなければならないことがいっぱいあります。

ひとつは医療崩壊で、電力不足で手術ができない、必要な医薬品がそろわない等の理由から医療が崩壊している地域を救うことです。小泉「構造改革」下で、医療崩壊が進んだことがボディブローのように効いています。

さらに、ハリケーン・カトリーナも1ヶ月くらいで感染症が広がり、2次災害化しました。トイレの水がなくて、便が流せず、手が洗えない避難所は感染症が広がる温床となります。まずは仮設住宅の建設や本格的な避難所に移すことを急ぐべきでしょう。

さらに生活の手段を根こそぎ津波でさらわれています。農業漁業の再建は並大抵のことではありません。個人任せでなく、国が出資する法人などを組織することを通じて再建する方法も考えなければならないかもしれません。

たしかに戦争は人災なのに対して、この大地震と津波は天災ですから、違った面があります。しかし天災だから仕方がないとして済ませられない面があります。この国は唯一の被爆国であるにもかかわらず、福島第一原発の事故によって史上最悪の放射能汚染被害をもたらしつつあり、かつ近隣諸国をはじめ世界中の国々から情報隠しと放射能をまき散らした行為に批判の眼が注がれています。

これは明らかに人災です。

戦後無責任体制の帰結



私達はどこから再出発すべきなのでしょうか?

そして何をすべきなのでしょうか?

福島原発事故の処理を見ていると、不良債権問題で揺れた頃の政府と銀行の姿と驚くほど重なってきます。悪い情報は隠され、事態がほんの少しでも改善された時だけ、情報を出すことを繰り返します。その結果、事態はますます悪化していきました。今回もまったく同じパターンです。

これは「失われた二〇年」の間に繰り返されてきた無責任体制の一つの帰結だったのです。リスクを考慮できず、リスクが来ても対処する能力もなく、ただひたすら嘘で固めるしかない無能なリーダーたちが闊歩してきた結果、ついにここまで来てしまいました。ちょうど敗戦直後の日本と同じように、この無責任体制の根本的反省なくして、日本が再生することはないでしょう。

まず何より、新しい日本において嘘は絶対に許されません。

これまで国民に対して「原発は安全」「放射能漏れは起こりえない」と言いつづけてきた東京電力、経産省、原子力委員会、原子力安全委員会らは、いまや「想定外だった」として責任逃れや責任の押し付け合いを繰り返しています。

しかし過去に、国会において、大規模地震に伴って電源が失われた場合や、津波による冷却水が確保できない可能性についても、何度か質疑応答が交わされていましたが、結局、状況は改善されませんでした。JCOの放射能漏れ事故、2006年の「新耐震基準」とバックチェックが言われましたが、直後の2007年に中越沖地震が発生し、柏崎刈羽原発のシュラウドにヒビ割れが生じました。その間、原子力安全委員会や原子力安全・保安院が、厳しく改善を迫った痕跡はありません。

原発を建てる側も認可する側もチェックする側も、みんな「お仲間」だったのです。

これまで彼らは口をそろえて、原子力はKW当たり7円で最も安いエネルギーだと言ってきました。しかし、これも嘘でした。一旦事故を起こせば莫大な人的金銭的被害をもたらすことが、今回白日の下にさらされました。原発のコスト計算は徹底に安全コストを削り、何十年もかかる廃炉のコストを削っていただけのことだったのです。

今ある老朽化したり活断層の上にあったりする原発はただちに止めて再点検し、もし動かすならいくらかかっても必要な安全投資を怠るべきではありません。原発はとてつもなくコストの高いエネルギーなのです。もはや原発に賛成する人も反対する人も、ここから出発する以外にありません。これから原発を受け入れる自治体もほとんどなくなります。老朽化した原発は廃炉を余儀なくされていくでしょう。もはや原発依存のエネルギー政策を続けることは不可能です。

震災復興事業に際して、以下の作業が不可欠です。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    T・ウッズ交通事故「7つの謎」が解明される日 - 舩越園子

    新潮社フォーサイト

    03月06日 13:17

  2. 2

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  3. 3

    無理筋な「イラネッチケー」裁判判決

    自由人

    03月06日 18:09

  4. 4

    森氏の“女性蔑視”発言、山田広報官の辞任、“多様性”へと向かう社会の黒い渦

    幻冬舎plus

    03月07日 07:56

  5. 5

    サブスク音楽配信は便利で手放せないけれど

    上伊由毘男

    03月07日 07:49

  6. 6

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

  7. 7

    菅総理が知らないブラック霞が関

    千正康裕

    03月06日 17:18

  8. 8

    静岡のメディア王と女子アナのW不倫疑惑 静岡新聞社長続投で問われるコンプラ意識

    渡邉裕二

    03月06日 10:44

  9. 9

    湯水のようにばらまかれた資金 バブル崩壊の前に襲ってくるインフレという強敵

    澤上篤人

    03月05日 17:22

  10. 10

    解呪と供養のためにシン・エヴァンゲリオンを観に行く

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    03月06日 17:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。