記事

世界秩序がゆるみ混沌とすると、ミサイルで旅客機を撃墜するという悲劇が発生する ―米ソ冷戦時代には絶対に考えられなかった

ウクライナ国内の親ロ派という非正規軍が最新鋭のミサイルを手にすると、マレーシア航空機撃墜という想像もしなかった悲劇が発生する。

25年前の米ソ冷戦時代は、戦略核を所有する米ソが対立軸をつくり総ての国々は、その影響下で厳しい緊張を強いられながらも一定の秩序の中で存在していた。

世界秩序がゆるみ非正規の軍事組織が肥大すると、今回のような思いもかけない事態に陥る。

1991年ソ連邦が崩壊して米ソ冷戦が終わり、米国の軍事パワーが突出する一強時代が続いているが、それだけにオバマ大統領の世界秩序に対する毅然たる態度が求められる。

あわせて読みたい

「マレーシア航空機墜落事件」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。