記事

飲酒運転(酔っぱらい)を法律で縛ろうとする愚かさ

■飲酒運転はなぜ無くならないのか?

 今週、北海道小樽市で発生した飲酒運転によるひき逃げ事故によって女性4人が死傷するという痛ましい事故が発生した。これまでにも飲酒運転による交通死亡事故は幾度となく起こってきたが、事故が発生する度に飲酒運転の厳罰化が行われてきたことは周知の通りだ。しかし、その甲斐なく何度も何度もこのての事故は繰り返されてきた。

 今回の事故を巡っても、結果的には更なる厳罰化が為されるのかもしれないが、はっきり言うと、これ以上の厳罰化を行ってもあまり効果は望めないような気がする。
 現状でも、飲酒運転の罰金は50万円(酒気帯び運転)、100万円(酒酔い運転)単位なので、一般のドライバーは飲酒運転には充分に注意しており、実際に多くの飲酒運転の歯止めになっていることは間違いない。これが、罰金500万円、1000万円になったからといって、更なる飲酒運転の防止に繋がるのかというと、疑わしいと思う。

 では、なぜ法律を厳罰化しても飲酒運転は無くならないのか? その単純な答えを以下に述べよう。

■酔っぱらいに「飲んだら乗るな」は通じるか?

 よく、「飲んだら乗るな」というスローガンを耳にする。一見、もっともらしい言葉だが、この言葉を聞いて、あなたは何も疑問を感じないだろうか?

 「飲んだら乗るな」、確かにそれはその通りであり疑問を挟み込む余地が無い正論に聞こえる。しかし、その言葉が機能するには条件がいる。それは理性が機能している場合に限られるということである。
 素面(しらふ)の人間が、「罰金50万円」などと聞くと、「そんなリスクはとても冒せない」と考える。しかし、泥酔(酩酊)して理性が麻痺状態にある酔っぱらいには、「飲んだら乗るな」という言葉は通用しない。このことは、記憶を失うまでお酒を飲んだことがある人なら、よく解るのではないかと思う。
 
 法律とは理性が存在して初めて機能する代物なので、理性を失っている人間相手には機能しない。飲酒運転問題には、実はそういう盲点が存在しているのである。

 最近は「脱法ドラ○グ」による暴走事故というものも問題視されているが、実はこれも同じで、理性が麻痺状態にあるという意味では、酔っぱらい運転とほとんど大差がない。理性的に物事の善し悪しを判断できない状態に陥った人間には、法律は全く機能しないということは「脱法ドラ○グ」事件を見てもよく分かる。この場合も、「吸ったら乗るな」という言葉が通用しないことは言うまでもない。

 つまり、根本的な事故の発生原因は法律の脆弱化に有るわけではなく、個人のモラルによるところが大きいということである。いくら法律を厳罰化したところで、理性を失うまで飲んでしまうというような行為が無くならない限り、飲酒運転は無くならないし、飲酒運転を原因とした交通事故も無くならない。

■「飲んだら乗るな」ではなく「酔う(泥酔する)なら飲むな」

 世の中にはアルコールに強い人もいれば、弱い人もおり、その個人差には大きな違いがあるが、アルコールを飲むとすぐに酔っぱらってしまうような人は、自らの限界というものを知り、正気を失うまで飲まないように自ら注意する必要がある。その自己管理ができていないと、理性が麻痺して我を忘れ、自分自身が何をしているかも分からず記憶も残っていないというような泥酔(酩酊)状態に陥り、気が付いた時(正気に戻った時)にはトンデモない事件や事故を起こし、後悔しても後の祭りということになってしまう。

 最近でも静岡地検の検事正が酔っぱらって破廉恥なセクハラ行為を行い更迭されるという事件があったばかりだが、あれも基本は同じである。「法の番人」とも言える人物であろうとも、理性が麻痺してしまえば、法律が通じなくなってしまう。「法律は理性が無ければ機能しない」という格好のケース・スタディだとも言える。
 
 少し話は違うが、ベネッセの顧客情報漏れ事件にしても、根本的な問題は雇用制度や法律にあるわけではない。当初は「派遣社員だから事件が起こった」というようなデタラメな妄論が飛び交っていたが、実際は、賭け事を理由とした借金で首が回らなくなり犯行に及んだというのが真相だった。「派遣社員に顧客情報を扱わせるな」とか「派遣社員は給料が安いから犯行に及んだ」というような意見は、全くの的外れだったわけだ。

 正社員であっても借金苦を理由として犯行に及ぶことはあるだろうし、正社員だからといって職場に何の不満もないというようなことは有り得ない。この事件に「派遣社員」という言葉を結び付けること自体が極めて短絡的であり幼稚な議論というしかない。この事件の場合は、借金するまで賭け事にのめり込んでしまったという個人的な問題であることは疑いの余地がない。事件の本質は結局のところ、個人のモラルの問題なのだ。

 1人のモラルを欠いた人物の理性なき事件をとらえて、その他多くのモラル有る人間を十把一絡げで取り扱うのは愚かな行為である。それは全ての人間をモラル無き人物ととらえているに等しい。
 厳罰化を行って国民全体のモラル向上に役立つのであれば良いのだが、残念ながらそう簡単にはいかない。「飲んだら乗るな」「飲んだら罰金だ」ではなく、「泥酔するまで飲んではいけない」という当たり前のモラルある社会にすることの方が重要だと言える。

 それができないということであれば、「酔っぱらいには運転できない車」でも作ることを考えた方が良いもしれない。

あわせて読みたい

「飲酒運転」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

  10. 10

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。