記事

父子関係取り消し認めず

最高裁は、昨日17日に、DNA型鑑定で血縁がないと証明されても、それだけで一度決まった父子関係を取り消すことはできないという判決を出しました。3つの家族が争っていた裁判の判決で、血縁よりも、子の安定した身分保障を優先しました。

でも、小法廷の5人の裁判官のうち、2人は反対しています。北海道と近畿の夫婦は、妻が夫とは別の男性と交際して出産し、DNA型鑑定で、交際していた男性との父子関係が99.99%という結果が出て、妻が子を原告として、夫とは親子でないことの確認を求めて提訴していました。1、2審では、父子関係を取り消す判決を出していました。

また、四国の夫婦は、夫がDNA型鑑定の結果によって、父子関係の取り消しを求めて提訴していました。1,2審ともに、このケースでは、父子関係をDNA型鑑定で覆すことは許されないと棄却しています。このケースについては、最高裁でも5人全員一致で、父子関係を覆せないとしています。

北海道のケースでは、すでに血縁関係にある男性を父と思って、子どもと母親と3人で暮らしている中での、この結婚している妻が出産した子は夫の子と定めた、民法の嫡出推定により、血縁を重視するのは、子どもにとって、どうなのでしょうか。

この判決について、専門家の意見も割れていますし、裁判官も割れています。判決を出した裁判官たちが指摘しているように、明治時代に作られた現在の民法は、生殖医療やDNA型鑑定など、医療や科学などの進歩に合わなくなってきています。これを改正することは、立法府がするべき仕事だと考えます。ところが、家族に関する民法については、保守派の議員たちが、古きよき日本の家族を壊すな、などと言って、改正を否定し続けています。選択的夫婦別姓や法律婚でない夫婦の子の相続分が2分の1になるということなど、国際条約に違反して、国連から再三指摘されているものについても同様です。選挙をする時に、こうした視点でも、投票する候補者を選ぶ必要があると思います。

あわせて読みたい

「民法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  2. 2

    都知事がアラビア語拒否した顛末

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  3. 3

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  4. 4

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  5. 5

    米の「韓国切り」で文政権ピンチ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    コロナで航空優待券が驚きの価格

    PRESIDENT Online

  7. 7

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  8. 8

    米スーパーで合法的万引き状態か

    後藤文俊

  9. 9

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  10. 10

    コロナ感染と減収 苦難抱えるCA

    小林ゆうこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。