記事

リーマン・ショックとともにやってきた大スター:米国崩壊の火花を散らすレディ・ガガ

1/3
渋谷のHMVが閉店したことが大きな話題になりました。

音楽業界もCDの売れ行きが急激に落ちています。レコードがCDに変わり、そしてネット配信になったことが原因とされます――オヤジとしてはなかなかついて行けません。ある人は不況で,携帯電話代の支払いで精一杯。CDまで買えなくなったと言います。

でも、音楽業界の衰退は、不況やネット配信という媒体変化が原因なんでしょうか。なんか違うんじゃない。本当は、時代を表現する音楽がなくなったからではないんでしょうか。

言論や学問と同じく、音楽も時代を表現しておらず、人々の心の渇望を歌っていないのです。

以下は、シンコーミュージック発行の音楽雑誌『ULYsses』N0.2,2010年冬季号(2010年4月1日発行)に掲載した拙稿です。
誰もが抱く日常の渇望をなぜ歌わないのですか

拝啓 ジョン・レノンさまへ

まるで真心ブラザースの歌みたいな書き出しですみません。彼らは生まれた時にあなたがすでに死んでいたことを悔やんでいましたが、僕は、生きていたあなたが作った歌を同時代で聴いていたオヤジです。

ジョンさんが亡くなってから30年がたちますが、あなただったら、今どんな歌を作り、歌うでしょうか。いま時代を共有する音楽が見当たらないのです。創造的で爆発的な勢いのある歌もありません。カラオケのランキングを見ても、ほとんど昔流行った曲ばかり。この国は衰退しているからなんでしょうか。

僕は、あなたたちビートルズが8トラックの多重録音を始めた時はびっくりしました。とにかく創造的でした。山下達郎が自分の声を重ねて曲を作ることができるのも、あなたたちがあったればこそです。しかし、技術の進歩は恐ろしく、ほとんどコンピュータなしに曲作りは考えられなくなりました。今やあなたの音楽はもはやレコードで聞くのは困難です。おかげで、ビートルズのレコードも含めて全部CDに買い替えなくてはならなくなりました。ところが、ネット配信が増え、みんながCDショップに並んで流行のCDを競って買うこともなくなりつつあります。評論家たちは、人の嗜好が多様化したとか、デジタル化して音楽も「個化」したとか、わかったような解説をしてくれます。

しかし、こういう説明に、僕はどこか違和感を覚えます。僕はジョンさんの「反時代性」がとても好きだったのです。時代の「常識」と絶えず衝突する「非常識」からしか新しい音楽は生まれません。ジョンさんは、みながハードになっていくその時にアコースティックになったり、みなが反戦平和を歌わなくなった時に反戦歌を歌いだしたりしましたね。あなたの時代に逆らう曲が、僕の中に眠っている当たり前の渇望をかきたててくれました。

話は「高級」な音楽にかぎらず、アイドル音楽にも当てはまります。僕は、アイドルだって反時代性がなければ爆発力を持たないと思います。「モー娘。」がそうでした。「モー娘。」は、九七年七月にテレビ東京の「ASAYAN」という番組のオーディションで落選し、五人の初代「モー娘。」は「愛の種」という曲を五日間で五万枚売ることがデビューの条件とされました。実は「モー娘。」は、ホリプロのタレント・キャラバンのサクセス・ストリーとは逆に、負け組再チャレンジの物語でした。しかも、「モー娘。」は新メンバーが加わっては卒業させ、主役も入れ替わっていく世代交代が次々と起きます。時には、その対立が表面化さえします。安倍なつみと後藤真希の「対立」は有名でした。その一方で、陰湿な派閥対立の代わりに、プッチモニ、タンポポ、ミニモニ。などつぎつぎとグループ内に複数の小グループができます。つまり「モー娘。」は、若者にとって耐え難い日本の会社組織や学校組織のありようとは正反対の「組織」だったのです。

ところが、最近のAKB48は、再び「おにゃん子クラブ」に逆戻りです。しかも彼女らが来ている制服は軍服にさえ見えてきて、これでは若者は「解放感」を感じることができないでしょう。

男女の「小さな愛」を歌う、今時の盆踊りみたいなラップ系の音楽を聴いていると、何も新しいものは生まれてこないように思えます。若者は、二人に一人が非正社員、正社員になっても滅茶苦茶働かされ、いつ会社が潰れたりリストラされたりするか、わかりません。若者にとって、こんなに閉塞した状況ですから、幸せな家庭を築くことくらいしか希望を持てません。しかし、終身雇用がなくなり、それさえ保証されていないのが現実です。それは希望ではなく幻想にすぎません。

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  3. 3

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  4. 4

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  5. 5

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  6. 6

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  7. 7

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

  9. 9

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  10. 10

    希望なき社会で起きた渋谷暴行死

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。