記事

大韓航空機撃墜事件以来の大事件だ。マレーシア航空機、高度1万メートルにてミサイルで撃墜される。

今回の事件がきわめて深刻なのは、予定された通常の航路上で撃墜されたことだ。

1983年の大韓航空機撃墜事件は、予定された空路を大きく外れてロシア側(当時ソ連)の領空に大きく侵入し飛び続けたので、領空侵犯で撃墜される理由があった。また、同事件は追跡したロシア側戦闘機による射撃だが、今回は地上からのミサイルだ。

黒海の北のウクライナ領でおこった事件だが、先週イスタンブールから帰国の途中、黒海の南側の航路を飛ぶトルコ航空の飛行機に乗って、視界からあの先がクリミア半島、ウクライナなのだと視認しただけに、吾ことのように感じる。

マレーシア航空の度重なる事件に思いを寄せるとともに、相当深刻な事態だと実感。民間航空機の安全が守られないとしたら、世界はどうなるのか?

あわせて読みたい

「マレーシア航空機墜落事件」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。