記事

7月15日の代表会見をアップしました

1/2


【代表会見(2014年7月15日)】
・14、15日の予算委員会(集中審議)について
・国際法の常識について
・民主党、みんなの党の党見解について
・滋賀県知事選の結果について
・記者団との質疑応答
⇒集団的自衛権に関する自民・公明の齟齬について
⇒安倍総理の答弁姿勢について
⇒日本維新の会との合流について
⇒個別的自衛権・集団的自衛権に関する立ち位置について
⇒滋賀県知事選における維新と結いの対応の違いについて
など
======================== ※資料PDF
●「会見資料(集団的自衛権)」
========================

<全文書き起こし>

(真山報道局長) 代表定例会見を始めさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

(江田代表) 皆さんお疲れ様です。

昨日今日と予算委員会での審議が続いておりますけれども、自民党公明党の閣議決定を巡る違い、齟齬というのが浮き彫りになってきたと思います。
これは由々しき事態でありまして、ご存知のように、国の防衛、安全保障、危機管理の責任と権限を有するのはまさに政府与党でありまして、この政府与党内で具体的な自衛隊のオペレーションに齟齬をきたすというような事が想定される訳で、これは国民の生命財産を守るという観点から極めて由々しき事態だと思います。
いずれにせよ、昨日今日の審議だけでは全く不十分だという事が明らかになりましたので、今後早急に徹底した審議を求めて、我々としても要求をしていきたいと思います。
具体的には、野党この点では一致結束をして、国対委員長幹事長ベースで然るべきところに申し入れをするという事で、これから働きかけをしていきたいと思います。

昨日、我が党の柿沢議員が質問に立った訳ですが、それに対して我が党の発表した見解、これは個別的自衛権の解釈を国際標準に合わせるという当たり前のことをしただけなんですけれども、これに対しては国際法上非常識だというような発言もございましたが、あなたこそ国際法上非常識だというふうに申し上げたいと思います。
国際法の教科書くらい読んだ方がいいんじゃないかと申し上げたいと思いますね。

お配りしたように、この国際法上の学説上、安倍総理がとっておられる見解は、この3番目の少数説、異端論説ですね。
死活的利益防衛説、すなわち今回の閣議決定文にあるように、他国の攻撃があり、それによって国民の生命・自由・権利が根底から覆される明白な危険というのはまさに、この3つ目の説、少数説、異端。これを集団的自衛権と称するんであれば、これは集団的自衛権の本質性格の学説上、異端、少数説をとるということでありまして、あなたこそ国際法上非常識だと申し上げたいと思います。
我々がとっているのは、この集団的自衛権というのは、あくまでもニカラグア判決、この国際法を決する唯一の権威有る機関で判事された第二説、集団的自衛権というのはあくまでも他国を防衛する権利だということだという事です。
これはとらないと安倍総理は明確に明言されている訳で、すなわち集団的自衛権じゃないという事を自ら自白されているようなもんです。

是非メディアの皆さんは、一方ではおもちゃ箱をひっくり返したように、これが集団的自衛権だ自衛権だと騒ぎ立て、一方では憲法9条があるにもかかわらず集団的自衛権は当たり前だ、みたいな論議をされるのではなくて、是非その教科書くらいはメディアの皆さんも読んで、それで本当に報道してもらいたいと思います。いくらでも反論は受け付けますから。
こういう日本だけで通用するような議論をああだこうだやっていてもしょうがないですよ、皆さん。
国際社会に通用する共通理解に基づいてメディアも報道していただかないとね、そこでおかしい、正しいという議論をしていただくというのが当たり前じゃないかというふうに私は思います。

いずれにせよこれは、自民党だけの問題ではなくて、やはり民主党さん、縷々質問されてましたけど、自らの立場も決定せずに人の批判をしてもしょうがないと思うんです。
自らの立場、党としての見解もまとめず、これが不明確だ不明瞭だと批判する資格はないと思います。
ですから野党第一党たる民主党さんも是非、党の見解を早急にまとめていただきたい、そう思いますね。そうしないと我々として対処のしようがありませんから、野党連携、野党再編のためにですね。

それから、みんなの党、これは党としての決定はしておりませんので、今日もあえて言いますけれども、読売新聞社説でみんなの党は党として決定してる、これは間違いですから。
是非その正しい報道をしていただきたい。
みんなの党はこの集団的自衛権の問題について党議決定してません、よく取材をして下さい。
一部の人が集団的自衛権を丸々認めよう、芦田修正論に乗ろう、と言っているだけで、それに対する反対も強くて、なかなか党内で機関決定できないという状況が延々と続いているというのが正しい状況ですから。
何故かみんなの党が党の見解をまとめて、何か責任ある対応しているみたいな報道もありますけれども、これは大間違いだという事を申し上げておきます。

いずれにせよ各党とも、我々はもう既にまとめました、結いの党として見解は発表しました。とにかくこういった重大な問題については、党の立場を決めて、議論をしっかり行って国民に対する情報提供、材料提供、判断材料の提供、理解の促進というのを図っていくべきだと思います。

滋賀県知事選で自民党候補が敗れました。しかし野党が喜べる状況ではありません。
自民党の失点失策のおかげで、漁夫の利を得たというだけだと思います。
いずれにせよ、今申し上げた問題も含めて、野党がしっかり自民党に対して対立軸、政策を出していくという事が非常に大事だと思います。

今回の自民党の敗北の一因でもありますけれども、原発問題、これは選挙公約でも自民党が脱原発依存と謳いながら原発を基幹電源、ベースロード電源として位置づけるという矛盾した公約違反の事をやっているというのも一因だと思います。原発再稼働と絡めてですね。
更には秋には消費税増税の判断がある、規制改革が骨抜きされつつある、こういった集団的自衛権の問題をああだこうだ、国際法だ憲法だ使いわかして安全保障上の要請も入って3つですか、何か3つの顔を使い分けてですね、めくらまし戦術で国民をだまくらかそうというのがありありの昨日今日の安倍総理の答弁ですよ。

こんな事にごまかされない、我々はしっかりとした国際法、国際常識に照らして個別的自衛権というものがこれまで内閣法制局によって必要以上に狭められてきた、決してそれは国際法的な個別的自衛権の理解ではなかった。
それをしっかり他国攻撃であっても、それがひいては日本の国民の生命財産に危害を及ぼす犠牲を及ぼす危険が高い場合は、当然個別的自衛権の行使で対応できるという、国際標準に基づいた考え方で先般15事例をまとめました。
こうした集団的自衛権、安全保障の問題、これはもうそれぞれ難問山積でありますから、こういった問題についてしっかりと安倍政権に対峙していく、という事が非常に大事だと思っておりますので、これからの残り半年の政治日程の中でしっかり結いの党、あるいは来たるべき新党のしっかり存在意義というのを出していきたいというふうに思っております。

私からは以上でありますが、何か質問があればお受け致します。

あわせて読みたい

「集団的自衛権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工めぐる韓国高裁のこじつけ

    緒方 林太郎

  2. 2

    評判の結合映画 おっぱいに注目

    松田健次

  3. 3

    桜を見る会 予算の内訳説明せよ

    大串博志

  4. 4

    天皇制に脅かされる「国民主権」

    五十嵐仁

  5. 5

    病気だけはネットで検索するな

    幻冬舎plus

  6. 6

    YouTubeが足切りへ 衰退は必至か

    諌山裕

  7. 7

    総理がメディアに指示? 質疑話題

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    Apple製品にも影響?LGの大量廃棄

    tenten99

  9. 9

    世代間格差? 共働きで年金増える

    BLOGOS編集部

  10. 10

    民主政権の桜を見る会 今と違い

    井戸まさえ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。